• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,175アクセス

都心で築26年の大手メーカー住宅を改造、改装費込みで利回り13%の建物に変身!

賃貸経営/リノベ・修繕 ニュース

2019/06/17 配信

簡易宿所となっている2戸。サッシに直接取り付けたロックに注目。本来の使い方ではないため、誰でもできるというわけではないが、こういうことができると部屋の使い方の可能性が広がりそうだ
宿泊施設となっている2戸。サッシに直接取り付けたロックに注目。本来の使い方ではないため、誰でもできるというわけではないが、こういうことができると部屋の使い方の可能性が広がりそうだ

新宿駅から歩いて10分。75坪の広大な土地に建つ3階建ての賃貸併用住宅の改装現場を見てきた。

延床建物面積は300u。住宅ローンで購入するためにはその半分を住戸にする必要があり、もともとは160uが住宅、140uが6戸の賃貸住宅となっていた。

6戸の内訳は1階に4戸、2階に2戸で、専有面積は20u強。購入したビーフンデザインの進藤強氏によると「26年前には10万円ほどの賃料が取れていたようですが、以降、原状回復は行われていたものの、改装などはされておらず、直近では7万から7.5万円ほどに下落していました」。

だが、建物自体は大手メーカーによる鉄骨造で、10年ごとに外壁塗装、屋上防水などがやり直されており、躯体はしっかりしている。どう活用するか。建替えも含め、3戸の建売にする、木造3階建ての長屋、RC3階建て共同住宅、シェアハウス、宿泊施設などといろいろ考えた結果、2段階にわけて改修、賃貸プラス宿泊として使っていくこと

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ