• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,845アクセス

超高齢化社会目前!高齢者に貸すか、貸さないか。大家さんは高齢者とどう向き合う?

賃貸経営/ターゲット設定 ニュース

2018/05/23 配信

これから日本は超高齢化社会に突入しようとしているにも関わらず、高齢者にとって日本の賃貸業界は決して優しくはない。

高齢者というだけで、お部屋を借りにくいからだ。不動産会社を何件回っても、電話をかけても「年齢が……」と言った段階で「あぁ、ちょっと難しいですね」と断られてしまう。まして独居となれば、物件を選ぶどころか100件問い合わせしても芳しい回答はほぼ得られない。

fbdb8c3db9716efae637d1ccc1793749_s

高齢者が避けられてしまう理由

なぜか……。いちばんの問題は、法が時代に追いついていないからだ。その昔、賃貸住宅は希少で賃借権は重要な財産であった。そのために賃借権は相続される。

もちろんご家族で入居の場合、賃借人が死亡したら「はい、賃貸借契約は終了したので出ていって」と言われてしまうことは、残された家族にとってはあまりに不安定だ。

しかし独居で生活している場合、亡くなったあとその相続人が引き続き物件を新たに使用する可能性はほとんどない。なぜなら相続人はすでに自分の「住」を構えているからだ。それなのに賃借権は、猫も杓子も相続の対象になっている。

そうなるとどういうことが起こるのか。

賃借人が亡くなった場合、賃貸借契約は終わらない。亡くなった

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ