• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

賃貸住宅2025年仕様へ向けて - 環境志向が強まるスペックの動向「不動産投資家の建築知識016」

不動産投資全般/建築知識 ニュース

2022/03/10 配信

最近見た集合住宅新築事例では省エネルギー性能を強化し、また内装・設備においてもこれまでのローエンド、短期サイクルでの更新をベースにするものから、耐久性、長期使用に耐えるものを選択し交換サイクルを長めにする仕様への移行が起きている。

それはすなわち建築を長くつかい、そこから長く収入を受けるという、事業的な持続性の考え方なのだ。

2025年の建築と環境
2025年の建築と環境

2022年初頭のワンルーム新築事例から

ちょうど先日、関東地方で見た新築ワンルームの仕様がとても興味深いものであったので、今回はそこから紹介したい。

メジャーターミナル駅の隣駅から、徒歩7分というコストと利便のすり合わせられた条件、決して「xx映え」などのない「普通の」周囲住宅地の街並みからも突出しない外観は、既成のパネルながら「センス悪く感じさせない=マイナスを感じさせない」使い方だ。

20−30台女性をターゲットにするワンルームマンションという企画方針から、「目に見える」内装には一歩踏み込んだセンスを提示している。コーディネートを定評のあるインテリアプランナーに任せることで、やはりこのエリアの低めの平均像から一味違うメリハリのあるイメージを内装で提

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ