• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

コロナ不況の長期化、賃貸住宅の家賃減額要請これから本格化か?

不動産投資全般/社会問題・情勢 ニュース

2020/10/25 配信

新型コロナウイルスにより所得環境が悪化したことで家賃の支払いに窮する個人や自営業者が増えている。入居者から家主や賃貸管理会社に対して家賃の支払い猶予、減額のお願いなどが相次いだ。

仙台市内を拠点にする地場の不動産会社によれば、「賃貸住宅の居住者からの減額請求よりも、テナントからの減額請求が多い」と現状を説明する。

同社によれば、飲食店・サービス業など休業要請・外出自粛の影響を大きく受けた業種だが、なかには保育園・託児所、接骨院、針灸院、診療所といったテナントからも猶予・減額を求められたといい、50%オフの要望が多いとする。

写真はイメージ
写真はイメージ

これらの要望に賃貸オーナーは30〜50%の間で減額し、期間は2〜4カ月間で対応しているケースが多いとしている。

大和不動産鑑定の8月の調査を見ても、テナントからの減額要請期間としては「だいたい3カ月間」(36%)が最も多く、「だいたい半年」(21%)と合わせて半数を占めている。

「だいたい1年」(9%)も1割弱あった。減額幅の要請では「だいたい50%減」(29%)と「だいたい30%減」(28%)で6割弱を占めた。

これに対して実際に減額に応じたかでは、「はい」が4

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ