• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

経済損失1兆円?緊急事態宣言5月末まで延長!不動産投資家は追加経済対策に注意を!

不動産投資全般/社会問題・情勢 ニュース

2021/05/12 配信

緊急事態延長

百貨店の休業対応は東京・大阪と京都・兵庫で分かれる
飲食店には厳しく、イベントは緩和

政府が5月11日までの新型コロナウイルに対する3度目の緊急事態宣言の期間を延長した。対象はこれまでの東京、大阪、京都、兵庫に愛知、福岡を加えた6都府県で、期間は31日までだ。

「人流」を抑えるため、東京や大阪はそれぞれの判断で、百貨店など大型商業施設への休業要請を継続。引き続き経済活動が抑えられ、民間の試算では1兆620億円がさらに下押しされるという。今後もコロナが収まらなければ企業の経営や雇用は打撃を受け、不動産投資にも影響が出る。政府や自治体の支援策にも目を配りたい。

まず、今回の延長の内容を見ておこう。

冒頭に述べた通り、期間は5月12〜31日だ。

これまで百貨店は食品など生活必需品を除き休業としていたが、政府は延長によって午後8時まで営業できるとした。

ただし、実際にどうするかは自治体に任されているので、東京都と大阪府は引き続き休業を要請した。一方、京都府と兵庫県は平日の時短営業を認め、土日が休業を求めている。

百貨店への対応は自治体によって分かれた
百貨店への対応は自治体によって分かれた

飲食店については、午後8時までの時短営業と、お酒を出す店に休

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ