• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,345アクセス

賃貸マンションも普及はすぐそこ?オーナーも鍵の管理が楽に。スマートロックのメリットは?

不動産投資全般/商品・サービス ニュース

近年導入が進んでいるスマートロックは、消費者に加え不動産業者にとっても利便性の高いシステムとして、かなり認知され始めてきた。

普及が進むスマホ(スマートフォン)の利用を前提とした商品開発に加え、最近では利用者ニーズを反映する形でさまざまな機能強化が図られてもいる。

オーナーにとっての利便性がどの程度あるのか、最近の製品動向から探ってみた。

煩雑な鍵の管理が楽に

スマートロックは、後付けができてスマホで自動施錠・解錠ができるという利便性を売りに、2015年に本格的に登場した。

基本的には、制御回路が組み込まれている専用機器をドアのサムターン(室内側に付いている鍵の開閉用のつまみ)にかぶせ、スマホでデジタルキーの発行作業を行えば利用できる。

機器本体に電池が内蔵されているため、電源を確保するための電気工事も不要だ。またほとんどの製品ではBluetoothでスマホに接続する仕組みのため、セキュリティ面での信頼性も高い。

不動産業界におけるスマートロック導入の一番のメリットは、オーナー・管理会社間の鍵の受け渡しが楽になるということだろう。

有効期限付きの鍵を発行するか、パスワードによる鍵の開閉機能を利用すれば、内見予約や空室点検のたびに発生する物理的な作業は不要になる。

また開閉履歴を確認することもできるようになったため、空室の無断利用の早期発見といった防犯面でも安心できる。

取り付け方法は両面タイプの接着テープが主流だが、空室期間中の一時的な利用といった場合に対応し、マグネットタイプの取り付けが可能な機種も出ている。

これであれば入居者が決まれば撤去し別の空室に移設することも可能だ。また、入居者にとっても、日常的な鍵の管理が楽になるとともに、退室時の鍵の交換費用負担が軽減されるというメリットも生まれる。

追加機能搭載で各社とも利便性向上

今年7月にQrio(東京都渋谷区)が発売した「QrioSmartLock」の次世代機「QrioLock」は、従来機能(スマホによる自動施錠・解錠、合鍵発行、施解錠履歴表示、工事不要、遠隔操作可能)に加え、アプリ起動から施錠・解錠動作までのレスポンス改善に加え、ハンズフリー解錠、オートロック機能による閉め忘れ防止など、利用者から寄せられた要望に対応する形で機能が追加されたことが大きな特徴だ。

このニーズに合わせた機能追加が奏功し、QrioLockは発売3週間で出荷台数が5,000台を突破。8月にはスマホなしでも施錠・解錠できるリモコンキーも追加発売するなど、より幅広い年齢層、利用環境を問わない形でのラインアップ強化を図っている。

QrioLockのリモコンキー利用例

「NinjaLock」を開発するライナフ(東京都千代田区)が昨年5月に発売した、従来機種の後継モデル「NinjaLock2」では、対応できるサムターン錠を拡大して設置の利便性を高めるとともに、オプションのキーパッドを追加すれば数字キーによる暗証番号の入力もできるようになった。

NinjaLock

今年6月末に販売を開始した専用キーパッドでは、スマホがなくても暗証番号が入力できる上に、非接触ICカードでの施錠・解錠ができる。民泊などを利用する訪日外国人や、子どもや高齢者といったモバイル環境が整っていない人でも対応可能。

またマンションの大規模修繕工事などの際には、工事業者の立ち入り時に期間限定の暗証番号を発行できるため、セキュリティ面での不安も解消できることが特徴となっている。

また、法人向けサービスを強化しているフォトシンス(東京都港区)では、後付け型スマートロックシステム「Akerun」を使った入退室管理システムに、施錠・解錠やユーザーの追加といったすべての操作・参照が可能になる「AkerunAPI」の提供を開始している。

外部のクラウドサービスや社内システムなどとの連携ができるようになり、物件管理だけでなく労務管理の一元管理による生産性向上にも寄与。事務所での採用に加え、シェアオフィスやコワーキングスペースでの採用も増加している。

各社とも住宅・非住宅それぞれの利用場面に応じた機能・サービスを追加・強化してきており、鍵の施錠・解錠・管理機能だけでなく、内見に伴う業務の効率化、データ分析機能によるオーナーの収益改善への寄与など、多彩なサービスが生まれる可能性が秘められていることがわかる。所有する物件特性に応じて、まずは試してみる価値はあるだろう。

健美家編集部(協力:玉城麻子)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ