• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,459アクセス

不動産投資を失敗しないための、セカンドオピニオン活用!失敗の原因は「銀行への固定観念」と「日本人のお人よし気質」

不動産投資全般/商品・サービス ニュース

2018/11/06 配信

サラリーマン大家業が増えた背景として、低金利によりお金が借りやすくなったことがある。だが、動機としては、定年退職後の不安が最も大きな理由であろう。将来、年金をまともに支給してもらえると考える若者が少ないことの裏付けでもある。

少子高齢化に伴い、今後年金財政が急速に悪化することが見込まれる中、政府は支給開始年齢を70歳まで引き上げることを検討している。

かぼちゃの馬車の問題は、そうした年金財政に対する将来不安≠ニ個人の自己防衛本能がサラリーマンを追い詰めた結果と受け取ることもできる。

国土交通省発表の住宅着工統計では、2017年度までの過去3年間にアパート・マンション等の貸家を建設した数は、123万9000戸と2014年度までの3年間に比べて16%増加した。

イメージ写真

不動産投資のセカンドオピニオン情報を提供するノークリー(東京都港区)の調査によると、投資目的は「将来の年金代わりに」が54%と半数を超えている。

消費者庁の調査では、家賃保証のサブリース契約で、かぼちゃの馬車のように契約先の会社が倒産して返済負担が増えるなどの相談件数が、過去2年間で48%増と急増している。

ただ、健美家のコラムニストで自らも

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ