• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,028アクセス

小田急線黒川駅前に開業。住宅街入口に働く場という可能性。シェアオフィスの広がりを検討する

不動産投資全般/商品・サービス ニュース

2019/06/15 配信

働く場が従来のオフィスに留まらなくなっている。それを受けてシェアオフィス、コワーキングオフィス市場が活気づいている。国内大手の三井不動産東急不動産のように法人対象にシェアオフィスを展開する企業もあれば、個人も含めて対象とする海外組であるリージャス、鳴り物入りで登場したWeWork、その他地元資本の小規模な事業者まで入れれば、一体何社が参入していることになるのやら。

そのうちでも今後大きく伸びそうなのが住宅街の入り口にあるシェアオフィス、コワーキングオフィスである。リモートワークが増えるにつれ、自宅近くの仕事場が求められるためである。また、沿線によってはリタイア層が起業を考えて借りるケースも聞く。

さすがにどの沿線でもとまでは言えないものの、フリーランスやIT系で働く人が多い中央線や東急東横線東急田園都市線沿線ではいくつか登場、満席になっている事業所も少なくない。

左側の建物にコンビニエンスストアが入る予定。中央から右側が飲食店、レンタルするスペース
左側の建物にコンビニエンスストアが入る予定。中央から右側が飲食店、レンタルするスペース

そんな中、小田急電鉄が地域での新しいライフスタイルを提案するとして、黒川駅前に複合施設ネスティングパーク黒川を開業した。企画はこうした賑わいの

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ