• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,590アクセス

「物件を買うときかかる諸費用って?」【初心者向け!不動産投資の基礎講座】購入する2

不動産投資全般/基礎講座 ニュース

2020/12/22 配信

今回は、物件を買うときにどんな費用がかかるのかみてみたいと思います。以下のような費用がかかってきますが、合計でおおむね物件価格の6〜10%かかることが多いようです。

@仲介手数料

不動産仲介業者を通じて物件を買った場合には、業者に仲介手数料を支払わなければなりません。仲介手数料の上限は、以下のように決まっています。

仲介手数料
公益社団法人「全日本不動産協会」のHPヵら

仲介手数料は、物件価格のうち「200万円以下の部分」「200万円を超え400万円以下の部分」「400万円を超えた部分」に分けて計算しなければなりません。

たとえば2000万円の物件を買った場合、
@「200万円×5%=10万円」
A「(400万円ー200万円)×4%=8万円」
B「(2000万円ー400万円)×3%=48万円」
とそれぞれ計算し、@+A+B=66万円と算出します。これに消費税10%分を上乗せした72.6万円が、仲介手数料の上限となります。

もっとも、400万円を超える物件の仲介手数料は、簡単に「物件価格×3%+6万円+消費税」という数式で簡単に導き出せます。

上の例ですと、「2000万円×3%+6万円+消費税10%」で72.6万円と計算

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ