• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,201アクセス

「出口戦略の主なパターンは売却、更地化など」【初心者向け!不動産投資の基礎講座】出口戦略1

不動産投資全般/基礎講座 ニュース

2021/02/16 配信

賃貸物件を運営していく上で重要なのが「出口戦略」を考えることです。簡単にいえば、「現在おこなっているその物件での経営を強制的に、より利益を得る形で終わらせる」ということです。

不動産業者に物件の購入を相談するときも「出口戦略をしっかり考えましょう」と言われるケースは少なくないと思います。

ただし、金融機関が物件購入の資金を融資するときは必ずしも「出口戦略」を想定しているわけではなく、注意が必要です。「出口」に向かうときには、その理由をしっかり説明しなければならないことが多いでしょう。

次に、「出口戦略」の主なパターンを見ていきたいと思います。

.出口戦略パターンjpg

@収益物件として売却する

物件を人に賃貸したまま、収益物件として売ることを指します。

単純化していえば、貸している期間に得た家賃収入の総額と売却価格の合計が、購入した時の価格を上回っていれば、その物件での「出口戦略」は成功といえるでしょう。物件そのものの価値は多くの場合で下落を免れませんから、家賃収入を勘案して考えなければなりません。

売却の場合

たとえば、3000万円で買った物件を家賃6万円で10年間貸し、2500万円で売ったケースを考えてみましょう。

10年間で得た家賃

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ