• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,853アクセス

まちの浮沈、投資の成否の鍵を握るキーワードは「女性」?「東京は郊外から消えていく!」の三浦展氏に聞く@

不動産投資全般/専門家インタビュー ニュース

2019/06/05 配信

社会が変われば求められるものも変わる。その点で投資家は社会の変化に敏感であるべきだろう。そこで今回は消費、社会の変化や都市と郊外の関係など幅広いジャンルに精通した社会デザイン研究者の三浦展氏にインタビュー、これからの変化についてお伺いした。まずはこの30余年でもっとも変化した女性のニーズについて。

■郊外、都市。女性の志向が二極化

消費、社会、家族や地域、都市と郊外など幅広いジャンルの調査、執筆で知られる三浦展氏。著書に80万部のベストセラーとなった『下流社会』のほか、不動産・住宅関連では『東京は郊外から消えていく!』『東京郊外の生存競争が始まった!』『人生を変えたいなら、住む街を変えよう あなたにいちばん似合う街』など。消費社会と価値観の変遷を論じた『第四の消費』は中国でベストセラーとなっている。
消費、社会、家族や地域、都市と郊外など幅広いジャンルの調査、執筆で知られる三浦展氏。著書に80万部のベストセラーとなった『下流社会』のほか、不動産・住宅関連では『東京は郊外から消えていく!』『東京郊外の生存競争が始まった!』『人生を変えたいなら、住む街を変えよう あなたにいちばん似合う街』など。消費社会と価値観の変遷を論じた『第四の消費』は中国でベストセラーとなっている。

各種の消費動向予測のうち、ひとつ、住宅に関して思ったより変わらなかったことがあると三浦氏。団塊ジュニア(三浦の定義では1970年代生まれ)は家を買わないのではないかと思っていたものの、意外に買っているというのである。

「新築信仰が弱まりリノベーションした住宅に住む人が増えたのは団塊ジュニア以降の

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ