• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,858アクセス

不動産投資マーケットは潮目?相次ぐ問題で融資は収縮も、経済動向を見極めればビシネスチャンス到来か?!

不動産投資全般/市況 ニュース

2019/06/04 配信

国土交通省が5月31日に発表した4月の新設住宅着工戸数を見ると、前年同月比5.7%減の7万9389戸となり、季節調整済年率換算値では93万1000戸。持ち家は同じく9.2%増で7カ月連続の増加となったものの、貸家については前年同月比16.7%減と大幅に落ち込み、8カ月連続のマイナスとなっている。

日本総合研究所の予測では、新設住宅着工戸数は、2019年に消費増税前の駆け込み需要の影響で96万戸程度に増加したあと、2020年には89万戸、2030年には87万戸とゆるやかに減少していくとしているが、それを上回りそうな勢いだ。

イメージ写真
▲写真はイメージ(都内)

直近の賃貸住宅市場は、かぼちゃの馬車を端緒に発覚した不正融資問題に加え、施工不良問題などもあり、不動産投資家向けの融資が絞り込まれている。特にサラリーマン大家にとって厳しい状況だ。スルガ銀行、西武信用金庫、レオパレス21、大和ハウス工業……など相次ぐ不正融資と施工不良問題は、個人投資家が動きにくい環境を作り出した。

金融庁は「投資用不動産向け融資に関するアンケート調査」の結果、一棟向け(土地・建物)融資を住宅ローンの延長と捉え、給与所得を返済原資の一

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ