• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

賃貸市場など調整局面も取引価格は高止まり。アフターコロナが見える!?

不動産投資全般/市況 ニュース

2020/08/18 配信

イメージ風景風景

新型コロナウイスの感染拡大により過去7年間の不動産好景気から一転、不動産市況の悪化が懸念されている。東京など大都市でピークに達していた不動産価格が下落に転じ、売買取引が低迷するといったものだ。

実際、緊急事態解除後も感染拡大が止まらず、東京では連日200人台、300人台の感染者が発表され、人々の外出自粛モードで飲食店や宿泊施設、百貨店などの売り上げはコロナ前に戻っていない。

不動産大手を見ると、三井不動産、三菱地所、住友不動産、東急不動産ホールディングス、野村不動産ホールディングスの5社は、いずれも2021年3月期通期業績予想を前年比で減益を見込んでいる。

4〜6月期決算では、三井不動産と東急不動産ホールディングスが大幅に悪化。ホテルや商業施設、リゾート施設がコロナ影響の直撃を受けたためで、緊急事態による休業要請・外出自粛などで商業施設の家賃の減免などが響いた。

オフィスビル仲介の三鬼商事によると、7月の東京都心5区(千代田・中央・港・渋谷・新宿)のビル空室率は2.77%となり5カ月連続で上昇した。しかし、平均募集賃料は2万3014円(前月比0.59%上昇)と前年同月比6.23%上昇して79カ

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ