• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

988アクセス

7~9月期GDP21.4%増もコロナ拡大で減速か!入居者退去や賃料滞納に要注意

不動産投資全般/市況 ニュース

2020/11/24 配信

伸び率はバブル期を超える高水準
消費回復、28.8%減だった4~6月期の反動も

政府が11月16日発表した2020年7〜9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比5.0%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で21.4%増となった。

バブル期の1989年10〜12月期(年率12.0%増)を超え、比較できる80年以降では最高の伸びだ。ただ、足元では再び新型コロナの感染が拡大しており、経済が冷え込む恐れが強まっている。経済状況は賃貸市場にも影響を及ぼすだけに、注意が必要だ。

日本経済の先行きは不透明だ
日本経済の先行きは不透明だ

GD

7〜9月期GDPが高い伸び率を示したのは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4〜6月期に年率28.8%減と戦後最悪の落ち込みを見せた反動の側面が大きい。

項目ごとにみると、伸びを引っ張ったのはGDPの半分以上を占める個人消費。前期比4.7%増、年率換算で20.1%増と、こちらも80年以降で最大の伸び率となった。加えて輸出も好調で、7.0%増だった。

個人消費が伸びたのは、5月下旬に緊急事態宣言が全面的に解除され、企業や個人の外出自粛も緩和されたことで、外食、

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ