• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,124アクセス

【専門家が教えるJ-REIT投資】 NAV倍率とコロナ下のJ-REITの動向

不動産投資全般/Jリート・小口化商品 ニュース

2021/04/14 配信

不動産投資・経営戦略の学びにも有用なJ-REIT投資。今回は、J-REIT個別銘柄への投資判断を行う上で重要な指標となる「NAV倍率」について説明した後、コロナ下のJ-REITの動向を分析する。

やや専門的ではあるが、「NAV倍率」はJ-REITへの理解が深まる重要な指標あるため、ぜひ読み進めてもらいたい。

NAV倍率
NAV倍率は、各J-REIT銘柄の「不動産価格(時価)に対する割安感」を示す指標だ。

NAV倍率は、「投資口価格 ÷. 1口当たりNAV」で計算される。

NAV(Net Asset Value、純資産)とは、J-REITが保有する不動産を、すべて時価(鑑定評価額)で売却して、社債や借入金などの借金を返した後に、J-REITに残るお金の金額を意味する。

そして、一口当たりNAVは、J-REITに残ったお金を、発行済みの投資口に均等に分けた金額を表す。

つまり、J-REITが持つ不動産を全部売却した後に、投資口を1口持つ投資家に支払われるお金の金額(現在時点の清算価値)が、1口当たりNAVである。

NAV倍率が1を上回っているということは、そのJ-REIT銘柄の市場価格(投資家目線の評価)

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ