• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

「担保評価を伸ばすために不可欠な情報について」銀行の建物評価1【不動産融資攻略シリーズ】

不動産融資/融資戦略 ニュース

2022/02/19 配信

2021年の初めにウッドショックが騒がれ始めてから、2022年現在に至るまで様々な建築資材が値上げされている。もはや以前の価格水準では建築できない状況にあり、総体的に不動産の価格も上昇している状況である。

しかし、銀行の建物評価については大きく変わっていないのが実情であろう。

今回は銀行の建物評価にスポットを当てて、解説を進めていきたいと思う。

ローン

1. 銀行はどのように建物評価をしているか

まず知っておくべきことは銀行の建物に対する積算評価の方法である。一部の銀行では「収益還元評価」を採用している場合もあるが、いまでも主流は「積算評価」による評価であろう。

担保評価について
担保評価について

積算評価の場合、基本的には以下の計算式で建物を評価する。

【登記簿面積 × 新築単価 ×(残存耐用年数/耐用年数)】

築11年、200uの木造アパートを新築単価120,000円/uの基準を持つ銀行が評価した場合

【200u × 120,000円 ×(11/22)=12,000,000円】

という評価となる。

まずこの計算式が「建物の積算評価」として銀行が行う評価方法の基本と言えるであろう。

2. 積算評価で注意すべき点は何か

基本的には上記の

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ