• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,130アクセス

日銀がアパートローンのリスク管理体制を点検

融資/融資状況 ニュース

2017/04/08 配信

3月28日、日本銀行は取引先金融機関を対象にした2017年度の考査の実施方針を発表した。地域金融機関の収益力の把握・評価、市場リスク管理の点検を効率的かつ効果的に行うため、地域金融機関に対して収益力と市場リスク管理に的を絞った「ターゲット考査」を実施する。

日本銀行■日本銀行の考査とは?

日本銀行の考査(以降、日銀考査)とは、日本銀行が「取引先金融機関等の業務・財産の状況を把握することを目的」として、取引先との契約に基づいて行う立入調査のこと。

考査では、経営実態の把握に加えて、リスク管理体制を点検し、必要に応じてそれらの改善を促すことを通じて、金融システムの安定性の確保に貢献する。

行政権限の行使として金融庁が実施する検査とは異なり、行政権限の行使や罰則規定はないものの、金融機関の融資方針に影響を与える可能性が大きく、強制力はないが無視はできない。

■2017年考査の実施方針、そのポイント

さて、2017年日銀考査の実施方針のなかで、不動産投資家・サラリーマン大家さんにとって気になる部分といえば、「近年、残高が急増している個人の貸し家業向け貸出(アパートローン)のリスク管理が適切に行われているかも点検す

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ