• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

阪神甲子園球場に隣接する商業施設甲子園プラスが3月に開業。ファミリー向け投資が狙い目

都市計画・再開発(地域情報)/神戸・京都/関西 ニュース

2022/02/12 配信

1nXGe4BZ7SftQDZ1644005569

甲子園球場と歩行者デッキで
接続された商業施設

阪神電気鉄道は、阪神甲子園球場に隣接する商業施設の「甲子園プラス」を2022年3月3日にオープンすると発表した。

なお、阪神甲子園球場の外野エリアにある甲子園歴史館も、甲子園プラスの中に一部移転・拡張して同日にオープンする予定。

甲子園プラスのコンセプトは「野球・スポーツ振興の場」と「地域の憩い・子育て・学びの交流拠点」がコンセプトで、主に子どもとファミリー層をターゲットとした運営が想定されている。

建物は3階建ての延床面積約5,000㎡であり、全部で11の飲食店やベースボールショップ・子ども向けの施設などが入る。店舗などの一覧は以下の通り。

  • スタンドイン甲子園(ベースボールショップ)
  • ローソン(コンビニ)
  • 北極星(オムライスを中心とした洋食店)
  • OKKII(オッキー:スンドゥブ専門店)
  • 津の田ミート(ハンバーグを中心とした洋食店)
  • 中央軒(長崎ちゃんぽん)
  • 甲子園歴史館
  • BE-STADIUM KOUSHIEN(野球シミュレーション施設)
  • リトルマーメイド(ベーカリー・カフェ)
  • パルクールプレイハウス(キッズスポーツ施設)
  • プログラボ(ロボットプログラミング教室)

甲子園

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

取材・文:秦創平(はたそうへい)

秦創平

■ 主な経歴

フリーランスライター。
不動産業界歴約12年を経て2019年からフリーランスのwebライターとして活動を開始。営業マン時代にはセミナー講師の経験も多数あり。
国内・海外を問わず不動産投資に関する記事が専門で、現在では毎月数十本単位の記事を執筆中。特にデータを用いた市場分析が得意で、海外マーケットに関するリサーチ記事の執筆も多数請け負っている。

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ