• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,359アクセス

大阪湾岸大変貌!大阪万博で大阪メトロ他3路線に整備計画? 巨大駅ビルも

都市計画・再開発/大阪 ニュース

夢州は地図中央、沖合にある島。現在は鉄道は通っていない
夢州は地図中央、沖合にある島。現在は鉄道は通っていない。右の桜島と書かれた近くに人気の観光地USJがある

約55年ぶりに大阪市此花区の沖合にある人工島「夢洲」(ゆめしま)で万国博覧会の開催が決定した。「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに、2025年5月3日から185日間にわたって開催される予定で、想定入場者は約2800万人。

2020年に開催される東京オリンピック以上のビッグイベントとなる計画で、大阪では歓迎ムード一色だ。

さらに万博会場の隣接地には統合型リゾート施設(IR)の誘致活動も行われており、正式に決定した場合には2024年に第一期開業となる予定。万博の開催が決定したことで、統合型リゾートの誘致決定に近づいたという声もあり、相乗効果を期待する声も高い。

前回、1970年の大阪万博時には市内で一気に地下鉄網の整備が行われるなど、大阪市は大きく変化した。当然、今回も同様の効果が見込まれている。特に熱いのが鉄道整備計画である。

■大阪メトロ新駅は高さ250m超のタワービルを併設

先鞭をつけたのは大阪メトロ。万博誘致成功から約1カ月後に構想を発表しており、その期待度の高さが伺えるというもの。計画によると大阪メトロでは中央線をコスモスクエア駅から夢洲まで延伸、2024年の開業を目指すという。

夢州駅の完成予想図
夢州駅の完成予想図

実はこの区間にはすでに夢咲トンネルが作られており、道路部分はすでに供用を開始している。そのため、残るは線路設置工事や電線設備の整備のみ。

もちろん、駅を作る必要があるため、そうそう簡単に完成とはいかないが、2024年開業ならまったく問題はない。合わせて夢州駅の東側に車庫を整備する構想もあるという。

大阪メトロではもうひとつ、新駅を高さ250m超、地下1階、地上55階程度のタワービルと一体になった施設にするという構想も発表している。これは前述のIRの誘致を前提としたもので、24年度中の開業を目指している。

このビルには商業施設、エンターティメント関連施設、オフィス、ホテルなどを予定しており、最上階には大阪湾から関西の広い範囲を一望できる展望帯も予定されている。総工費は1000億円を超える見込みで、1〜2年以内に土地を取得、具体的な建設計画に落とし込んでいくという。

また、夢州駅だけではなく、他駅も改装、鉄道の輸送能力を向上させるなど、インフラとしての地下鉄をパワーアップさせる計画もある。駅では300憶円を投じて御堂筋線と中央線の主要15駅を改装、駅ごとにコンセプトを明確にしたものになる予定だ。

デザインや使い勝手に加え、簡単な仕事ができるスペースを整備したり、乗客の購買・移動データの分析やゲートのない改札口の導入、地下空間で音楽ライブやゲーム対戦競技を楽しめるようにするなどの計画もある。輸送能力では運行便数を増やすことで、万博時の来街者増に対応、輸送能力を25%ほど高めるようにする。

■JR桜島線の延伸はIRの誘致待ち

鉄道では他に2路線の整備の可能性が囁かれている。ひとつは人気の観光地であるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)への足として知られるJR桜島線(愛称:ゆめ咲線)の延伸である。

JR桜島線を終点の桜島駅から夢洲駅まで延伸するもので、整備距離は約6km。さほど長くはないが、途中には桜島駅の先に新桜島駅(仮称)、中間の埋め立て地・舞洲に舞洲駅(仮称)の2駅が作られる計画という。

舞洲は夢洲よりも本土寄りにある埋め立て地で、現在鉄道は乗り入れていないものの、舞洲スポーツアイランドが開設されるなどで開発が進められている。ちなみに舞洲スポーツアイランドはかつて誘致活動が行われていた大阪オリンピックの会場となる予定だった場所である。

ただし、JR西日本サイドでは大阪万博のみを対象に延伸を行うにはリスクがあると考えているようで、IRの誘致決定後に延伸が決まるのではないかと予測される。

■京阪中之島線なら京都へも直通

もうひとつ、延伸の可能性が囁かれているのが京阪中之島線。同線は京阪本線を西側に延伸した約3キロほどの路線で、京阪、大阪市、大阪府などが中心に出資する第三セクター企業「中之島高速鉄道」が建設したもの。上下分離方式で2008年に開通した。

路線の大半が大阪市中心部の中洲である中之島の地下を走っており、現状はある意味、盲腸のような路線。どこにも抜けられない形になっている。

だが、中之島線が夢洲まで延伸されるとなれば、途中駅となる九条駅で阪神なんば線、大阪メトロ中央線、西九条駅でJR大阪環状線、JR桜島線など他線と繋がることになり、利便性がアップする。

さらに、中之島駅は2030年代に開通する予定の「なにわ筋線」と接続されることになっており、そうなると新大阪や梅田、難波とも直結されることになり、同線の存在意義は大きくなってくる。

加えてもうひとつ、同線には他にない大きなアドバンテージがある。京都まで乗換無しに行けるのである。大阪万博に訪れた客がその後に京都に足を延ばそうと思った際には必ず使うことになるだろう路線なのである。

ただし、中之島線を夢洲まで延伸する場合には約11kmもの距離があり、総工費も建設期間もそれなりにかかる。となると大坂万博の開幕までに間に合うかどうか。途中までの延伸という手もあり得るが、こちらもIRの動向次第となりそうだ。

これ以外でもシャトルバス利用、島である立地を生かして海からのアプローチを考えるなど様々な手段が取り沙汰されているが、大阪メトロを除けば、最終的な決定はIRの決定後にずれこもう。

いずれにしても新たな賑わいの場が生まれることは間違いなく、その余波が延伸された鉄道を通じて、既存のまちに及ぶであろうことも間違いない。どこがどのような形で延伸するか、動向を期待しておきたい。

健美家編集部(協力:中川寛子)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ