• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

925アクセス

渋谷東口、激しく変容中!新しい公園の形ーミヤシタパーク

都市計画・再開発/東京 ニュース

2020/09/15 配信

2012年の渋谷ヒカリエの開業、昨年末の渋谷スクランブルスクエア東棟開業、そして8月4日にグランドオープンしたミヤシタパーク。地味だった渋谷駅東口が、これでもか、というくらいに激しく変容している。

この3つのみの商業面積は75千平米、ざくっと東京ドームの1.5倍、オフィスなどを含めた総床面積は371千平米である。このあとに控える渋谷スクランブルスクエア中央棟・西棟開業でプラス96千平米の規模となる。

渋谷駅からのアプローチは建物の端っことなる
渋谷駅からのアプローチは建物の端っことなる

このなかで開業ほやほやミヤシタパークはユニークな存在だ。
低層3階建て。そして長さが330メートル。他の建物が上に上にと高さを競っているの対して、こっちは横である。そしてパークである。渋谷駅徒歩3分の距離にできたこの新施設、もともとは「渋谷区立宮下公園」と言う。

山手線の線路と並行して走る明治通りとの間に挟まれた細長いこの公園は、かつて1階部分は駐車場、その上が公園という構造。ターミナル駅近くの公園にありがちな問題を抱えた、まあ冴えない場所だった。

行政もいろいろと悩んでフットサル場などを作ってみたりして、なんとか魅力を高める努力もあったけれど、皆が積極的に行くという場所では無かった。結局、渋谷区はPPPの手法で三井不動産と再活性を試みたというのが経緯だ。なので、そこには単純な商業施設でない、渋谷区の公園に対する思いがある。それゆえに名称もパークなのだ。

屋上は青空のもと芝生の上でくつろげる
屋上は青空のもと芝生の上でくつろげる

そうした目線でこの施設を見てみると、なるほどそう来ましたか、という工夫が感じられたり、公園とはそもそもどのような場所だったのだろう、と考えさせられる。

もちろん、ここは公園なんだと感じる屋上に敷き詰められた1000平米の面積の芝生の上で、あれっ、ここでくつろいでいいのかしら、と少し躊躇しながら腰を降ろせば、見上げる青空の下、公園気分が確かに味わえる。

細長い屋上には他にも砂地のビーチバレーコート、ボルダリング場、スケートボード場があって、かつての宮下公園の記憶を微かに感じながらスタバのコーヒー片手に元気な人たちを見学することもできる。

だがこの施設が公園という名称を冠しているのは、実は3階以下の部分の特徴にあるように思われる。

まず、カフェが多めに入っている。15店舗。くつろぎとおしゃべりの場として求められる公園の要素はカフェと重なる。屋上緑地は屋根がないから、昨今の酷暑ではずっと居るのはしんどい。カフェはそういった時の補完となる。実際、お客の入りもどこもいい。
ただ、別にお金を使う必要もない。実は、ミヤシタパークにはフリーの椅子があちこちに設置されている。その椅子もいろいろなタイプがあって、単なる一休みのためだけではない、パソコン広げてパシャパシャする人、明治通りをボーッと眺める人、読書をする人、ちょっとした打ち合わせをしている人たちなどの利用が見受けられる。まさに、それぞれが思い思いに過ごせる場所が提供されているわけだ。

もう一つの特徴は、建物全体を植物で覆うことを想定していることだ。無機質になりがちな建築物と公園の緑を大胆に融和させている。

腰を下ろす先はいろいろ
腰を下ろす先はいろいろ
パソコンパシャパシャの人々
パソコンパシャパシャの人々
打ち合わせなどもしてしまう
打ち合わせなどもしてしまう

公園を訪れる人たちはいろいろだろうから、とテナントも幅が広い。
特に飲食系。中央部分には315席のフードコートがあって、おなじみのマクドやタコベル等の廉価どころが入り、一方で中華、イタリアンなど本格的レストランや、都市型ワイナリーやバーまでのラインアップ。もちろんに日本初進出のスペインバルなど話題性にも事欠かない。
一方、物販店の方は、公園を訪れるついでには買わないだろうと突っ込みを入れたくなる鉄板のルイヴィトン、プラダ、グッチなどのブランド店が入る一方、懐かしのレコード屋、その向かいには大リーグのキャップ専門ショップ、隣のジブリショップ、格好いい文房具ショップ、天狼書房など誘致頑張った感とバラエティの幅を感じる。もちろん有名どころはミヤシタパーク限定品なんぞを用意している。そしてご丁寧にお上りさん用に土産ショップまで用意されていて暇潰しにもなる。

レコードだけ置いているショップ
レコードだけ置いているショップ
渋谷初登場、ワイナリー併設ワインバー
渋谷初登場、ワイナリー併設ワインバー

さて日が傾くと普通は公園から人気が引いていくものだが、ここミヤシタパークでは、まだまだ逃さない。
1階は居酒屋なのである。その名も渋谷横丁。全長100メートルに渡る北海道から沖縄までの料理や、昭和レトロなスナックなどが軒を連ねる。そしてすっかり出来上がって、しまった、終電を逃したとなれば、ホテルまで附設されている。
まさに公園三昧。新しい公園の形を是非体験あれ。

こんな感じの居酒屋が延々と100メートル
こんな感じの居酒屋が延々と100メートル

渋谷は、かつて日本のシリコンバレーとか、渋谷ビットバレーと呼ばれるほど、数多くのIT企業が集積していた。

その後、規模の拡大もあって他の地域に転出もあったが、渋谷の再開発でオフィススペースが十分に供給されて再び集まり出しており、業界全体の向上を目指しているという。

ターミナル駅で様々な人が集まりやすい渋谷は魅力的だ。
ミヤシタパークは単なるモールではなく、こうした動きを強力に後押ししている存在でもあるのだ。

取材・文:多摩北部

プロフィール:都内在住、多摩北部でリフォームのモー勉強中で、「とあるお堅い職業出身」のなんちゃって不動産投資家。物件を購入してから「なんとかなる」という根拠ない気持ちをよりどころに泥縄方式で古家戸建てに取り組みモード突入中。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ