• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,021アクセス

ハイスペックな街、広尾に出現した施設「EAT PLAY WORKS」。人気の秘密は?

都市計画・再開発/東京 ニュース

2020/10/22 配信

東京メトロ広尾駅界隈は、港区広尾というハイスペックさを感じさせるエリア名だが意外と庶民的だ。駅から続く広尾商店街には、洒落たカフェなどに混じって居酒屋もあるし、銭湯もある。

DSCN1332
茶色のタイルは、隣の銭湯「広尾湯」と合わせたもの。

そこに、今、そんな商店街のイメージを変えそうな「EAT PLAY WORKS(食べる 遊ぶ 働く)」をコンセプトとした施設がオープンして、話題を呼んでいる。

廊下も遊び心を感じるデザイン。
廊下も遊び心を感じるデザイン。

一階には、サードウェーブコーヒーの代表「ブルーボトルコーヒー」が入り、時代の先端という感じを漂わせるが、間口は10mほど。敷地は、鰻の寝床的とも言える。

1・2階のフロアマップを見ると敷地形状の生かし方が分かる。
1・2階のフロアマップを見ると敷地形状の生かし方が分かる。

外観は茶色のタイル貼り。これは、実はとなりの老舗の銭湯「広尾湯」に似せていて、横に一繋がりで見えるように工夫されている。

ここをどんな施設にしていくか?事業主の野村不動産としては、GEMS(ジェムズ)で飲食経営のノウハウはあったが、なかなか駅近で用地取得が難しい広尾にあって、トリッキーな形状だが、この立地を生かせるような物件にしたいという思惑があった。

そこで組んだのがクリエイティブプラットフォーム事業として様々な施設を手掛けるSalt Group (ソルト グループ以下ソルト)である。

施設全体のプロデューサーとして、飲食については敷地の形状を生かして「横丁を作ったら」というアイデアを提案し、3階から6階はソルトが借り上げて、3・4階をEAT PLAY WORKSメンバーとゲストのみが利用可能なメンバーズラウンジ、5・6階はルームメンバーのみが利用可能なプライベートオフィスとした。

メンバーズラウンジには、メンバーが自由に飲めるバーコーナーも。
メンバーズラウンジには、メンバーが自由に飲めるバーコーナーも。
3・4階は、フリーシーティングのコワーキングスペース。
3・4階は、フリーシーティングのコワーキングスペース。
メンバーズラウンジでの情報交換が新しいアイデアを生む。
メンバーズラウンジでの情報交換が新しいアイデアを生む。

近隣に飲食店も多いので、ビル全体を飲食にするほどのニーズはない。ソルト は、イギリスでも実績があり、人の集まるSOHO HOUSE(ロンドン発の会員制サロン)が、客層レベルの高い広尾にマッチするというアイデアがあって、コミュニティから醸成する施設を目指した。

3・4階のフリーシーティング制のコワーキングスペース利用料は月7万円。5・6階のオフィススペ―スは、坪単価で20万円ぐらい(0.5坪で一人席が10万円)と強気の値付けだが、価値を理解してくれるいいメンバーが集まっているという。

5・6階のオフィススペ―スの一つ。
5・6階のオフィススペ―スの一つ。
コンパクトなタイプのオフィススペースも。
コンパクトなタイプのオフィススペースも。

内装を担当しているのは、渋谷のトランクホテルなどを手掛けるジャモアソシエイツで、これだけの空間づくりは他にない。3階以上のメンバーは、ラウンジでのドリンクや4Fのイベント参加無料。 1.2階から飲食のオーダーもできる。また、メンバーはこの場所だけではなく、ソルトが業務委託をしている千葉のグランピングも利用できる。

なんと最上階にはプールを設置。
なんと最上階にはプールを設置。

1・2階の飲食は、野村不動産がソルトと合同でテナントづけ。その過程で、ニューヨークの三ツ星レストラン「ジャンジョルジュ」で日本人初のスーシェフとなり、現在は青山「THE BURN」のオーナーシェフである米澤文雄氏と「若手のシェフが輝ける場所を広尾商店街に」という理念が一致して、米澤氏がいろいろ一流シェフに声がけして集まった店舗も多いというのが面白い。

米澤文雄シェフによる中東ミドルイースタン、ヴィーガン店「Salam(サラーム)」。
米澤文雄シェフによる中東ミドルイースタン、ヴィーガン店「Salam(サラーム)」。
日本初出店NYC ブルックリン発・メキシコ料理のミシュラン店「OXOMOCO」
日本初出店NYC ブルックリン発・メキシコ料理のミシュラン店「OXOMOCO」
ソムリエ大越基裕氏によるモダン・ベトナミーズ店「?n C?m」
ソムリエ大越基裕氏によるモダン・ベトナミーズ店「?n C?m」
鮨界の新星、銀座の「はっこく」のカジュアル新業態「氣志團」
鮨界の新星、銀座の「はっこく」のカジュアル新業態「氣志團」
1階、広尾商店街入り口に面しては「ブルーボトルコーヒー」が入店
1階、広尾商店街入り口に面しては「ブルーボトルコーヒー」が入店

予約が取れないミシュラン星付きレストランのセカンドラインや、人気店の支店など話題の店が多い。野村不動産は、飲食施設にする想定はあったので、近隣に多く住む外国人の行動調査をしていた。

広尾には、意外と安い居酒屋があるが、低価格帯を抜けるといきなり高くて1万円超えになる。

そこまでではなく、カジュアルにいけるけど居酒屋ではない飲食を入れたかったという。ただ、予約が1年先までとれないといった事態がないように、予約席は全体の半分までとお願いしているそうだ。

「パッケージを当てはめるのではなく、場所を見て、空間を考えて、どういう施設をつくるかを決めないと面白いものはできない」と野村不動産の担当者。広尾だからと単純に高単価な飲食施設を作るのではなく、価値を理解してもらえるコミュニティづくりやシェフの声がけによるユニークな店舗誘致。そのキーワードは、人の繋がりだと思えた。

文/小野アムスデン道子
経歴
元リクルート週刊住宅情報関西版編集長、月刊ハウジング編集長を経て、メディアファクトリーにて、世界的なガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集に携わったことから観光ジャーナリストに。東京とオレゴン州ポートランドのデュアルライフと世界中を巡る取材で旅を基軸にしたライフスタイルについて執筆。国内外で物件運用中。ownmedia【W LIFE】で40代からの豊かな暮らし方を発信。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ