• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

14,847アクセス

名鉄名古屋駅再開発、前例見ぬ横長超高層に。リニア開通の2027年度完成目指す

都市計画・再開発/名古屋/東海 ニュース

2017/05/15 配信

名古屋鉄道株式会社が名古屋駅周辺の、名鉄百貨店本店の入る名鉄ビルなどを含む計6棟のビルを取り壊し、駅改造も含む大型再開発計画を発表した。計画によると、地上30階、南北に400mという、これまでにない細長さの超高層ビルが誕生することになる。

完成予想図
壁のようにも見える、再開発ビルの完成予想図

ちなみに横に長い駅ビルといえば京都駅ビル。同駅ビルは高さが約60m、幅が470mあるため、長さでは京都駅のほうが若干長いが、名鉄名駅の高さはその約3倍になるとされる。日本でも例のない珍しい建物になることだろう。

建替え対象となっている建物は、前述の名鉄ビル、近鉄パッセが入っている名古屋近鉄ビル、ヤマダ電機の入っている大手町建物名古屋駅前ビル、日本生命笹島ビルなど。開発面積は約2万8000uで、総事業費は未定。事業者としては名鉄のほか、近畿日本鉄道、三井不動産、日本生命が加わる。2022年度に着工、リニア中央新幹線が開通する27年度の完成を目指している。

位置関係
非常に細長い土地にある名鉄名古屋駅だが、再開発でかなり広くなる予定

ビルには従前と同じく、商業施設やオフィス、ホテルに加え、住宅も盛り込まれる予定。東京都心ではオフィス街に住宅機能を盛り込む動きが加速しており、丸ノ内でも2016年2月に初のサービスアパートメントが開業したが、名古屋でも同じ動きになるのか、はたまた一般的な住宅となるのか、気になるところ。

丸ノ内の場合は外国人エクゼクティブなどを想定、オフィス街の多機能化の流れの一環としてのサービスアパートメントだが、名古屋でそれが成立するかどうか。名古屋のオフィス街の都市力が試されるところとも言える。

駅としての輸送力増強にも期待がかかる。公表された計画では駅の範囲が現在の約2倍程度となっており、となれば当然、現在の3面2線の混雑状況が緩和されるだろうと期待する向きが多い。駅自体が狭い上に、同駅からは名古屋本線、犬山線、広見線、各務原線、尾西線、空港線、西尾線、豊川線など多方面行の路線が出ており、分かりにくいとの指摘もしばしば。

行政サイドからは中部空港行き列車の専用ホーム設置が要望されているとの報道もあるが、計画発表時の記者会見で、名鉄社長の安藤隆司氏は「選択肢のひとつ」と述べており、明言はしていない。

もうひとつ、現在も設置されているバスターミナルの規模拡大も予定されており、高速路線バスなど乗入れ路線も増えることになるはずだ。

現在の名古屋駅は新幹線1本、JR3路線、私鉄3路線に地下鉄2路線(同一事業者で直通運転している2路線は1路線としてカウント)が乗り入れる一大ターミナル。新宿駅、東京駅の11路線には及ばないが、新宿駅には新幹線もリニアも通らない。東京駅には私鉄乗入れもない。

そう考えると、名駅ならぬ、迷駅と呼ばれるのも無理ないこと。今回の名鉄名駅開発でそれが少しでも改善されれば街の魅力アップにもつながるはずだ。

健美家編集部(協力:中川寛子)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ