• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

458アクセス

【管理組合・建物オーナー向け】『アスベスト』について修繕のスペシャリストによる無料動画セミナーを配信開始!

プレスリリース/イベント ニュース

2021/06/11 配信

大規模修繕工事や内外装のリフォームを手がける株式会社ヨコソーは、『アスベスト』に関する「工事発注者=建物所有者の届出義務」や「事前調査の対象となる建物の見分け方」、「アスベストを含む建物の修繕・改修工事での注意ポイント」などについて解説した無料動画セミナーの配信を開始した。

オンラインセミナー案内
オンラインセミナー案内(画像提供/ヨコソー)

アスベストは有害ってことは知っているけど…
実際どうしたら?という声に応えて

アスベストへの対応については、マンション管理組合や建物オーナーからの問い合わせが多く、事前調査を含め必要な対応をしながら工事を行ってきた同社。しかし、ただでさえ未経験の方も多く検討事項や必要な知識があまり知られていない大規模修繕工事に加え、さらに『アスベスト』に関する知識が豊富な人は数少なく、マンション管理士でも「アスベストは有害ってことは知っているけど…」「実際に何をしたら良いのかよくわからない」という声を耳にすることも多かったという。

そのようにあまり知られていない大規模修繕工事のアスベスト対策だが、改正が定期的に行われているため正しい情報が分かりにくいうえ、法律や条例によって定められた調査や対策を行わないと罰則の対象になるリスクもある。

そこで、株式会社ヨコソーでは、アスベストに関して不安に感じているマンション管理組合や建物オーナー向けに、アスベストについてのオンラインセミナーを3回に分けて配信。

『アスベストとは何か』『どのような法律が関係しているのか』などの基本を詳しく解説した上で、アスベストが含有していた場合に大規模修繕工事や改修工事を実施する場合の工事発注者(管理組合や建物オーナー)が注意したいポイントについても詳しく解説している。

【動画セミナー概要】

■内容・テーマ

第4回オンラインセミナー 『アスベストの基本と関係法規』
セミナータイトル:届出義務があるのは工事発注者?!工事会社に任せっぱなしにはできない『アスベスト』〜知らないではマズイ!アスベストの基本と関係法規を簡単解説〜

第5回オンラインセミナー 『アスベストの事前調査』
セミナータイトル:事前調査は全ての物件が必須ではありません!調査対象となる建物の『見分け方』〜アスベストの事前調査方法と発注者側にも”配慮”が求められているコト〜

第6回オンラインセミナー 『アスベストの対策工事』
セミナータイトル:アスベストが含有していたらどうする?!含有区分レベルで異なる『工事手順とルール』〜アスベストの対策工事で定められているコト〜

■このような方におすすめ

・「アスベスト」について知りたい方
・アスベストのレベル区分(危険度)について知りたい方
・アスベストを含む建物の改修工事の際にマンション管理組合や建物オーナーが押さえるポイントを知りたい方
・アスベストについて不安や心配を抱えておられる方
・お住まいのマンションの適正管理、資産価値維持に関心がある方
・理事会、修繕委員会、建物オーナーの方
・お住まいのマンションの適正管理、資産価値維持に関心がある理事や修繕委員会の方

■セミナー講師

小野寺 健 / Takeshi ONODERA
株式会社ヨコソー 技術支援責任者(技術品質・積算部門執行役員)
一級建築士・1級建築施工管理技士・1級土木施工管理技士・監理技術者

現場代理人として数多くのマンション管理組合様の大規模修繕工事を担当。現在はその知識・経験・ノウハウをヨコソー全体に浸透させ、お客様への品質提供のより一層の向上を担うため、技術支援責任者の立場で全工事に携わる。一級建築士事務所の所属建築士として長期修繕計画の作成業務にも従事する。

■視聴方法

下記専用フォームに必要事項を入力後、YouTubeのURLが送信される。

>>お申し込みは以下のリンクより<<

第4回オンラインセミナー『アスベストの基本と関係法規』

第5回オンラインセミナー『アスベストの事前調査』

第6回オンラインセミナー『アスベストの対策工事』

―――――――――――――――

※過去配信セミナーも閲覧可能※

第1回オンラインセミナー『資産価値に差がつく!大規模修繕工事の事前準備セミナー』

第2回オンラインセミナー『早めの見直しで資産価値を守る!事例で分かる長期修繕計画』

第3回オンラインセミナー『実施しないと法律違反! マンションは「特定建築物」に含まれる? 知らないではすまされない建築基準法の定期報告制度』

健美家編集部

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ