• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

大阪府内基準地価、都道府県別で2年連続トップの4.7%アップ

調査(不動産投資)/基準地価・公示地価・路線価 ニュース

2016/09/28 配信

ae0eb7ce2ef2827ac095258cceb12deb_s
9月20日、大阪府から基準地価(7月1日時点)が発表された。住宅地の対前年変動率はゼロで、3年連続の横ばいだった。

住宅地の市区町村別上昇率トップは、大阪市北区(4.3%)で、福島区(3.9%)、浪速区(3.7%)が続いた。上昇率1位の地点は、地下鉄の駅から徒歩5分以内の北区長柄中1のマンション敷地(1平方メートル当たり375,000円)で、8.7%だった。

最も価格が高かったのは閑静な住宅街にある同市天王寺区真法院町の住宅敷地(同575,000円)で、17年連続の1位となった。市区町村別で下落率が大きかったのは千早赤阪村(2.5%)、豊能町(1.9%)、河南町(1.8%)で、いずれも前年を超える下落率だった。

商業地では、14.3%上昇した大阪市浪速区が市区町村別の上昇率1位となった。府などによると、同区は周辺に比べ1平方メートル当たりの価格が安く、首都圏の不動産会社が賃貸用・投資用マンション用地として取得する例が目立っているという。下落率1位は寝屋川市の0.8%で、前年(0.7%)よりも下落率が大きくなっている。

何によらず二極化や勝ち組/負け組といわれる事柄が増えているが、不動産も例外で

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ