• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,667アクセス

大都市部でコロナ直撃。国交省が公示地価発表、全用途平均6年ぶり、商業地7年ぶり下落に

調査/基準地価・公示地価・路線価 ニュース

2021/03/23 配信

公示地価 日本列島・商業-5

日本列島が真っ青になった。国土交通省が3月23日に発表した公示地価で全国全用途平均が6年ぶりに落ち込んだためだ。

発表資料の中で地価の上昇率が高い地域をピンクやオレンジなど暖色系に、下落率が大きいほど青色が濃くなるように示しているが、それで見ると、列島が濃い青色に覆われている。

用途別では、住宅地が5年ぶり、商業地が7年ぶりに地価が下落に転じた。新型コロナウイルス感染拡大の影響が色濃く出た。

2021年1月1日時点の地価動向で、全国2万6000地点を対象に実施したものだ。

国交省では、新型コロナの影響により、需要者が価格に慎重な態度となっているなどを背景に弱含みとなったとする。インバウンドなど訪日客が地価を押し上げてきた地域や飲食店が集積する地域で大きな下落が見られるなど、コロナ禍の緊急事態宣言で休業要請や時短営業などの影響を受けた場所とそうではない地域によって地価動向の変動の程度が違っている。

三大都市圏で見ると、全用途平均と商業地はいずれの圏域も8年ぶりに下落に転じた。住宅地も東京圏が8年ぶりに、大阪圏が7年ぶりに、名古屋圏が9年ぶりに下落に転じた。

地方圏も全用途平均・商業地が4年ぶり、住宅地が3年ぶりに下落した。ただ札幌、仙台、広島、福岡の地方4市は全用途平均・住宅地・商業地のいずれも上昇を継続している。

地方4市を除くその他の地域では全用途平均・住宅地が2年ぶり、商業地が3年ぶりにそれぞれ下落した。

全国の最高地価は東京・銀座4丁目の「山野楽器銀座本店」で1u当たり5360万円(7.1%下落)となった。住宅地の全国最高地価は東京・赤坂1丁目で同484万円だった。

公示地価サイト用

◎商業地下落率ワースト10に大阪8地点ランクイン

変動率で見ると、商業地で最も上昇したのは北海道・倶知安町で21.0%だったが、前年の57.5%上昇と比べると大幅に上昇率を縮めた。

上昇率トップ10は福岡県が2〜8位を占め、10位にもランクインして計8地点となった。9位には北海道北広島市が入った。

住宅地の上昇率トップ10には北海道から7地点がランクインして倶知安町が25.0%上昇でトップとなった。7位に長野県白馬村、8位と9位に福岡県福岡市の博多区と中央区がそれぞれ入った。

地価動向の変化は、商業地が住宅地より大きく、地域別では三大都市圏が地方圏よりも変動が大きいのが特徴だ。特に大阪圏の商業地の下落幅が大きい。

商業地の全国下落率ワースト10に大阪が8地点ランクインした。京都を含めると関西圏が9地点を占めている。

外国人客でにぎわっていた心斎橋・なんば地区の打撃が大きく、前年大阪圏で最高価の「住友商事心斎橋ビル」(26.5%下落)は全国2位の下落率となり、道頓堀がワースト1位28.0%下落だった。大阪圏の最高地価は梅田地区が2290万円(8.4%下落)で奪還した。

コロナ禍で国内外の観光客が激減したことが響き、土産店や飲食店舗の収益性が悪化したことを反映した。大阪に限らずその傾向は東京も大きく、全国区の観光地の顔を持つ台東区浅草が12.0%下落して昨年の34.0%上昇から急落している。訪日客需要がゼロに追い込まれ、ホテル・飲食店・物販店舗の収益性が大きく落ち込んだ。

公示地価 日本列島・住宅-4

◎福岡など地方4市の地価は上昇継続を維持

一方で、前述の地方4市は上昇を維持している。商業地は3.1%、住宅地が2.7%とそれぞれ上昇した。

特に札幌、仙台、福岡ではオフィス需要が底堅いことに加えて、複数の都市再開発が進行していることで将来の繁華性が向上する期待を背景にマンション需要が堅調であることを反映している。

広島駅周辺でも北口の開発と南口の再開発による発展に対する期待から需要が高まっている。ただ、中心商業地の八丁堀・紙屋町とその周辺は訪日客需要を当て込んだ店舗・宿泊需要が減退している。

今回の公示地価からは、新型コロナウイルスのまん延から1年で地価動向が大きく変わったことを印象付けた。

しかし、昨年春の第1次緊急事態宣言明けからの不動産市場を見ると、高価格水準での取引が行われている。コロナの直撃を受けた企業を中心に保有するオフィスなどを売却する動きに対してコロナ収束後を見据えて買い手がすぐに現れたり、マンションは新築・中古ともに高価格で取引されている。地価は昨年後半から下落幅を縮めているが、そうした不動産取引の現状を映す。

第2次緊急事態宣言は、残す1都3県も3月21日に解除されたことで、再びコロナ感染が拡大しないかに懸念が及ぶ。今後は、第4波を抑えられるかが特に商業地の地価動向に影響を与えそうだ。予断を許さない状況が続くが、収束に向かえば反転上昇する見方は少なくない。

(文・鹿嶋淳一)

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ