• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,049アクセス

新型コロナウイルスの賃貸不動産マーケットへの影響調査〜2021年引越しシーズン

調査/賃貸市場 ニュース

2021/06/17 配信

リーシング・マネジメント・コンサルティング株式会社は、6月10日、「2021年引越しシーズン(1〜3月)における新型コロナウイルスの賃貸不動産マーケットへの影響調査」の結果を公表。2021年4月23日(金)〜5月31日(月)の期間に同社で実施した首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)と大阪市所在の賃貸不動産仲介店舗486社に対するアンケートをもとに集計している。

■テレワークを想定した家探しは増え続けている

テレワークを想定した家探しは、7割以上の仲介担当者が「増え続けている」と回答。第1回の緊急事態宣言から1年が経過した現在においても、テレワークを想定した家探しをしている入居者が多いことが分かる。

図表1
Q. 昨年の第1回緊急事態宣言後、各企業がテレワークの推進を行っておりますが、現在もテレワーク想定で家探しをしているお客様の案内は増え続けていますか? n値=133 
(画像提供/リーシング・マネジメント・コンサルティング)

■入居者がテレワークスペースに求める広さは3〜4帖以上

入居者がテレワークスペースに求める広さは、コロナ禍での案内経験から、「3〜4帖」が最適であるという認識を持った仲介担当者が最も多い。

図表2
Q. テレワーク想定で家探しをしているお客様が求めるワークスペースの面積はどれくらいの広さですか? n値=353
(画像提供/リーシング・マネジメント・コンサルティング)

■入居者はインターネット環境において回線速度にこだわる

インターネット環境について、前回調査時(2020年11?20?(?)〜12?18?(?))では、回線速度にこだわる方(気にする方)の割合が38.8%であったものの、今回調査では6割を超える結果となった。要因として、テレワーク普及率の増加が関わっているのではないかと推察される。

図表3
Q. インターネット環境を気にするお客様の内、「使用料無料にこだわる方」と「回線速度の速さにこだわる方」どちらが増えましたか? n値=353
(画像提供/リーシング・マネジメント・コンサルティング)

■職場と物件最寄駅の距離は遠くても構わない

職場と物件最寄駅の距離については、前回調査時(2020年11?20?(?)〜12?18?(?))では、「職場から遠い駅でも気にしなくなった」が30.5%であったが、今回調査では5割近くまで増加しており、テレワークの普及により職場へのアクセス利便性を重視しない傾向がより強くなっていることが分かる。

図表4
Q. 職場との距離に対するお客様需要はどう変化しましたか? n値=353
(画像提供/リーシング・マネジメント・コンサルティング)

■ペット飼育可能物件のニーズが高まっているという回答が4割超え

ペット飼育可能物件のニースについては、「変わらない」という回答が過半数であるものの、需要の高まりを感じている仲介担当者が4割を超えた。

図表5
Q. 外出自粛の影響からペット需要の高まりが見られますが、それに伴いペット可物件の需要にも変化が見られますか? n値=353
(画像提供/リーシング・マネジメント・コンサルティング)

■物件貸主への条件交渉で最も増えているのは賃料の減額

物件貸主への条件交渉については、「賃料の減額」を求めるという回答が最も多い。初期費用として一時的にかかる費用よりも、賃料として継続的な負担が発生する点を気にする入居者が多いことが分かる。

図表6
Q. お客様からの条件交渉で増えているものを1〜3位のランキング形式でお答えください。n値=351
※1位に選ばれた項目は3ポイント、2位は2ポイント、3位は1ポイントとして集計。
(画像提供/リーシング・マネジメント・コンサルティング)

当該調査レポートの全調査結果は、下記URLよりダウンロード可能。
https://lmc-c.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/lmc_releace_20210610.pdf

前回調査結果(2020年11?20?(?)〜12?18?(?))についてもこちらからダウンロードできる。

健美家編集部

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ