• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

投資用コンパクトマンションの価格と賃料の相関から見る「利回り」の実態 〜投資用中古マンションレポート 2021年9月vol2〜

調査(不動産投資)/物件価格・利回り ニュース

2021/10/09 配信

投資用マンションは、対象不動産が将来生み出す純利益を想定して価格が算出される。そのため「賃料」と「売却価格」には大きな相関があるが、近年では40m2以下の投資用コンパクトマンションの賃料相場と売却相場の成長率に大きな開きがあるようだ。

マンションナビを運営するマンションリサーチ株式会社は、都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)における投資用コンパクトマンションの賃料相場および売却相場の変動率を比較し、エリア毎の利回りの実態を検証した。

■都心5区のコンパクトマンション価格は高騰!利回りは下降傾向に

表1:築年帯別推定利回年間平均成長率

マンションリサーチ(株)調べ
マンションリサーチ(株)調べ

「表1」は、直近5年間における築年帯ごとの年間平均利回りの推定成長率。
※「年間平均利回りの推定成長率」は前年と比較して、平均的に何%成長したかを示す。

千代田区および渋谷区の「1982年〜2000年築」の投資用コンパクトマンションのみプラスの成長が見られたものの、ほとんどがマイナス成長となっている。
その一方で都心5区は、以下の「表2」で示す通り、全体的に賃料水準に大きな変動がなく微増減もしくは横ばいという状況。

表2:築年帯別

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ