• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,222アクセス

不動産投資家の確定申告がより便利に!国税庁が「e-Tax利用の簡便化の概要について」をHPに公開!!

税金/申告 ニュース

国税庁は6月29日、来年の確定申告に向けた「e-Tax利用の簡便化の概要について」をホームページに公開した。平成31年1月からインターネットによる確定申告(e-Tax)がより便利になるという。

スクリーンショット 2018-07-15 17.25.43

これまでのe-Taxでの確定申告と言えば、まず税務署に「電子申告・納税等開始届出書」を提出。利用者識別番号とパスワードを取得する。この「開始届出書」は紙でも提出することが出来るが、WEB上から行うこともできる。

そして、申告の前に電子証明書付きのマイナンバーカードとICカードリーダライタを取得しておく。そして、確定申告書作成コーナーで申告書を作成したら、電子証明書を申告書に添付して提出していた。

つまり申告のためには、電子証明書付きのマイナンバーカードとICカードリーダライタを自己負担で用意する必要があるということだった。

今回の「簡便化」では2つの方式をとることが出来る。

まずは「マイナンバーカード方式」。

この方式では、マイナンバーカードを使ってマイナポータル経由又はe-Taxホームページからログインすれば、申告書を送信することが出来る。

これまで必要だった「開始届出書」の提出、利用者識別番号とパスワードの取得をする必要はなく、マイナンバーカードのパスワードを入力すれば良いだけになる。

ただし、この方式でもマイナンバーカードは必要になるし、それを読み込ませるためのICカードリーダライタが必要であることに変わりはない。

もう一つの方式は「ID・パスワード方式」。

こちらは更に画期的で、マイナンバーカードもICカードリーダライタも必要ない。

税務署で職員との対面による本人確認等を行い、その場で税務署長が通知した e-Tax用のID・パスワードを取得する。申告書は国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で作成し、取得したID・パスワードを使えばe-Taxによる送信ができるようになる。

税務署での本人確認は免許証などでも可能である。ただ、もちろん「税務署に行く」という手間はかかることになる。

2つの方式は、「マイナンバーカードとICカードリーダライタを自分で用意するか」と「税務署に行くか」の選択となる。どちらを選ぶか悩ましいところではあるが、毎年混雑する税務署に申告書を出しに行く手間を考えれば一考の余地はあるのではないか。

ただし、国税庁ホームページには「ID・パスワード方式」について、

「なお、ID・パスワード方式は、マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応(導入後、概ね3年を目途に見直し)として行いますので、お早めにマイナンバーカードの取得をお願いします。」

との記載がある。実際に3年で見直しが行われるかは不明であるが、少なくとも将来的にID・パスワード方式が利用できなくなるリスクは心に留めておきたい。

健美家編集部

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ