• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

賃貸物件の消費税は節約できる?物件取得にかかる消費税の節税策と税制改正予想

不動産の税金/税制改正 ニュース

2019/12/18 配信

所有物件の違いによる納税額の違い

ついに消費税率が10%になり賃貸住宅を建設する際にかかる消費税も相当な金額となってきた。建設代金が1億円としても消費税が1000万円必要だから、この消費税を何とか節約できないかと思ってしまうのが当然だ。

建設会社に支払う消費税を減らすことはできなくても、消費税を納税する際に建設代金にかかる消費税を差し引くことができれば良いのだが、居住用の賃貸物件のみを所有している場合には納税する際に建設代金にかかる消費税を差し引くことが出来ないことになっている。

ところが、事業者への賃貸物件のみを所有している場合には支払った消費税額を納税する際に建設代金にかかる消費税を差し引くことが出来きることになっている。
スクリーンショット 2019-12-17 13.21.16

消費税の納付する消費税額の計算方法について

同じように建築代金にかかる消費税なのになぜこのような違いがあるのか。納付する消費税額の計算方法を確認してみよう。

まず、消費税の納税額の計算する基本的な算式は次のようになっている。

納税すべき消費税額 =
課税期間(※1)中に預かった消費税額(A)−課税期間中に支払った消費税額(B)

(※1)「課税期間」とは、原則として個人の場合は暦年

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ