• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,924アクセス

機能から考えたDIYでクロス補修。ちょっとした事の積み重ねが大家力になる

赤尾宣幸さん_画像 赤尾宣幸さん 第31話

2021/1/15 掲載

高松でDIY体験会をしてきた。27話でも紹介した築56年のRC2階建てのレトロな全空アパートだ。今回はクロス張りをメインに行った。その中で、前回の体験会後、オーナーが張ったクロスに不具合が出ていたので補修を行った。その内容が「 目からうろこ 」と好評だったので、ここで紹介したい。

■ クロスの継ぎ目が剥がれた時はどうする?

クロスは継ぎ目が剥がれることがある。剥がれた部分にジョイントコーク( クロスの継ぎ目などをしっかり張るためのもの )を入れてローラーで押さえればきれいになる場合もある。しかし、そう簡単にはいかないことが多い。

ジョイントコークがクロスの下にうまく入らなかったり、隙間ができたり、張ってもまためくれたりする。これは、クロスは張る時には糊で伸びていて、張った後に乾いて縮んで( 元の大きさに戻って )しまっているからだ。

こういう時は機能( 理屈 )から考える。問題は以下の3つである。

  1. ①ジョイントコークがうまく入らない
  2. ②縮んでいるから隙間が残る
  3. ③糊やジョイントコークの塗り( 接着 )面積が小さくはがれやすい

①は、薄い

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 赤尾宣幸(あかおのぶゆき)さん

赤尾宣幸さん

福岡県宗像市在住
ブログ:DIYで不動産経営

< FBにて以下のグループを主宰 >

  • DIYを楽しむ会
  • 不動産イベント倶楽部
  • 居酒屋セミナー
  • 高齢者向きアパートの会
  • DIYを楽しむ大家の会

■ 経歴

□1960年
福岡生まれ

□1978年
日本国有鉄道入社

□1980年
中央鉄道学園大学課程入学

□1983年
中央鉄道学園大学課程土木科卒業

□1993年
自己所有マンションを賃貸にして賃貸経営開始

□1996年
キリン・ドラフトマスター取得

□1997年
日本初の複数のテナントが入るフードコート「小倉食堂」を立ち上げ

□2002年
妻の夢実現のためにデイサービスを立ち上げる

□2003年
西日本旅客鉄道退社

□2007年
介護タクシー開業

□2009年
高齢者向きアパート開業

□2011年
九州経済産業局 専門家登録

□2018年
自身の夢である「高齢者向きアパートの普及で一人でも多くの人が幸せを感じてもらうこと」に向けて執筆やセミナー等を行っている


■ 著書

実録競売マンション経営出版
実録競売マンション経営出版(鳥影社)
(ペンネーム山田一)

「小規模介護事業」の経営がわかる本
「小規模介護事業」の経営がわかる本 (セルバ出版)

DIY賃貸セルフリフォーム&リノベでファン・ファン・ファン
DIY賃貸セルフリフォーム&リノベでファン・ファン・ファン (セルバ出版)

改訂版「小規模介護事業」の経営がわかる本
改訂版「小規模介護事業」の経営がわかる本 (セルバ出版)

介護で苦しまない! クスリフリーとバリアありーを考える
介護で苦しまない! クスリフリーとバリアありーを考える (セルバ出版)

これでばっちり!マンションDIY・リフォームを楽しもう
これでばっちり!マンションDIY・リフォームを楽しもう (セルバ出版)

多世代居住で利回り30%!高齢者向きアパート経営法
多世代居住で利回り30%!高齢者向きアパート経営法 (セルバ出版)

ページの
トップへ