• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,316アクセス

アパート経営の難敵、入居者クレーマーが満室稼働に支障をきたす

賃貸経営/管理・管理会社 ニュース

2017/10/11 配信

不動産投資の対象となる物件には、様々なタイプがある。新築にするか中古にするか。マンションにするかアパートにするか。マンションならば一棟で所有するか、区分で地域を分散して複数戸を持つか。

集合住宅ではなく戸建て住宅を買い進める投資家もいる。投資エリアも都心部や都心部に近いところにするか、郊外の利回りの高い場所にするかなど選択肢は幅広い。

イメージ写真
収益物件は、郊外ほど利回りが高く魅力的な半面、管理の部分で都市部とは異なる苦労も少なくないようだ。

個々の投資家の物件選択は、自己の投資ステージや投資方針に違いはあるものの、安定したキャッシュフローの確保を目指すという点は皆同じである。

そしてその「安定したキャッシュフロー」を確保できるかは、入居者の属性に大きく左右される。つまり、例えば都心部の高級賃貸であれば高給取りのサラリーマンや外資系企業の社員が借り上げて家賃滞納のリスクが少ないが、一方で低廉な賃料のマンションやアパートには、学生や社会人の若年単身者や高齢者、生活保護者といった層が入居するため滞納が発生し易く、想定したキャッシュフローが確保できない場合がある。

「入居者の質はクレームの質とイコールだと実感し

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ