• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,281アクセス

今注目の資格「賃貸不動産経営管理士」、賃貸オーナーの取得者も増加中!将来は国家資格化も?

賃貸経営/管理・管理会社 ニュース

2018/11/10 配信

賃貸住宅の経営環境が厳しさを増す中、注目され始めている資格がある。「賃貸不動産経営管理士」である。経営管理士は賃貸経営を客観的に見る力が問われる。試験に合格すると、賃貸不動産経営管理士協議会が賃貸不動産の管理業務に関する幅広い知識を持っている専門家として認定する。

日本賃貸住宅管理協会、全国宅地建物取引業協会連合会、全日本不動産協会の3団体は、それまで各団体が独自に賃貸管理に関する資格を設けていたため、2007年7月に賃貸不動産経営管理士協議会を設立、統一資格として賃貸不動産経営管理士を創設した。最終的には国家資格化を目指している。

経営管理士試験会場
昨年11月の「賃貸不動産経営管理士」試験会場の様子。今年は11月18日に実施する。

賃貸不動産管理業務は、オーナーとの管理委託契約の締結から始まり、入居者の募集や建物の維持管理、不具合の対応、原状回復工事など様々なものがある。また、オーナーの賃貸経営支援も業務の一環である。

こうした賃貸経営に関する幅広い知識が求められる業務について、専門的知識を持った賃貸不動産経営管理士が担うことは、適正な管理業の促進及び消費者の安心に資するものと言える。

毎年秋に試験が実施され、

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ