• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

「フラット35」の不正利用、一括返済など厳重に対処。狙われたのは20〜30代前半の単身会社員、融資総額33億円。

不動産投資全般/社会問題・情勢 ニュース

2020/01/19 配信

住宅ローン「フラット35」を不動産投資に不正利用している問題が昨年発覚した。フラット35を提供する独立行政法人住宅金融支援機構が、昨年末、新たに調査結果を公表した。確認された融資は162件、融資額は33億円に及ぶ。

フラット35は投資用物件の取得には利用できないことをホームページ上でも注意喚起している。
フラット35は投資用物件の取得には利用できないことをホームページ上でも注意喚起している。

住宅金融支援機構が昨年8月30日付けの記者発表で、特定の住宅113件に当該特定の住宅売主と別の不動産仲介事業者等が関与した不適正利用の疑いのある事案が49 件あるとしていた。

その49件に係る調査を実施し、さらなる不正が確認できたと、昨年12月25日に公表した。

調査対象の49件のうち、42件に面談をし、融資申込み時点からの投資目的利用及び住宅購入価格の水増しが40件、住宅購入価格の水増しのみが2件、計42件の不正が確認された。

その他の7件については、いずれも面談を拒否されたことなどから、融資申込み時点からの投資目的利用の事実は確認できなかったが、契約金額に関する調査に基づき、少なくとも住宅購入価格の水増しという不正の事実があることは確認している。

複数の紹介者や仲介事業者や売主などが
グループで

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ