• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,903アクセス

コロナ禍のREIT。カネの流れは物流系へ!不動産投資に活用したいREIT指数・後編

不動産投資全般/Jリート・小口化商品 ニュース

2020/09/26 配信

同シリーズ前編では、この7月に算出が始まった2本の日経REIT指数(日経ESGーREIT指数・日経高利回りREIT指数)を糸口に、「REITの基礎」「不動産投資とREITの違い」「REIT指数」等について、確認した。

後編では、最近のREIT指数の動向を見ながら、不動産市場をとりまく資金の流れを見ていく。皆様の不動産投資のヒントとなれば嬉しい。

■東証REIT指数の現状
東京証券取引所に上場するREIT全体の動きは、全銘柄を対象とした「東証REIT指数」で確認できる。基準日(2003年3月31日)の時価総額を1,000とした指数だ。株価指数のTOPIXをイメージするとわかりやすい。※前編を参照。

不動産証券化協会「J-REIT.jp」のホームページに「東証REIT指数・東証株価指数(TOPIX)の推移(配当なし指数)」が掲載されている。東証REIT指数は、TOPIX(赤線)と同時期に下げるが、谷はより深く、回復の勢いはTOPIXに及ばない。新型コロナウイルスが、幅広い業種が対象のTOPIXよりも、不動産に特化したREITの重荷になるのは当然と言えよう。

≪図1≫東証REIT指数・東証株価指数(TOPIX)の推移(配当なし指数)
≪図1≫東証REIT指数・東証株価指数(T
...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ