• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,952アクセス

田舎の駅近アパートが完成!早期満室のための作戦。初出版のお知らせ。

ふんどし王子さん_画像 第20話

先日、福岡にセミナー講師として呼ばれて行ってきました。健美家のコラム著者さんの極東船長さんと、自称健美家準レギュラーのポールさんと3本立てで行い、楽しい会でした。

不動産のセミナー講師を、工場勤務のサラリーマンが出来る事は大変うれしく、良い経験になりました。ブログや、コラムを書く影響力を感じた次第です。お誘い下さった、元中卒サラリーマン大家さんありがとうございます!

■ 初期費用と家賃を下げて早く埋めるか、そのまま待つか?

さて、田舎の駅に近い新築アパートが完成しました。なかなかオシャレな物件になったかと思います! まだ申込みはありませんが( 笑 )。







すでに募集は開始していますが、初期費用や家賃を抑えて早く決めるか、敷金礼金をしっかり設定し、じっくり待つかは悩みどころです。1〜2カ月早く決まって家賃の入金があれば、敷金礼金で1〜2カ月入ったことと同じなので初期費用を抑えるというのも悪い手ではないと考えます。

先輩投資家さんと話していたところ、「 経験から言うと、じっくり待った方が高い家賃で決まるよ、特に戸建はねー 」とのことでした。

理由は、安くて良い物件は、ドンドン決まっていくので最後は高い物件が残る。すると、高くて良い物件しか選べないので、ある意味妥協で決まるということです( 笑 )。

今回は戸建ではありませんが、理屈は同じです。調べてみると他に新築で安くて広い競合があるので、そこが埋まったら、こちらに来ると思います。ただし、競合が多すぎる場合は、この作戦は使えないと思いますので見極めが大事ですね。

そんな訳で、ワタクシの場合は来年2〜3月の繁忙期までは強気で行きたいと思います!( その段階で決まりが悪ければ条件を緩和しようと思いますが・笑 )

もう一つの新築も外壁が貼られて、全貌が見えてきました。黒の外壁に、赤いラインを入れる予定です。安心のフンドシカラーです( 笑 )。完成したらまた、載せたいと思います。





■ 高卒製造業のワタクシの著書の紹介

最後に本の紹介です。ワタクシの第一作目である、「 高卒製造業のワタシが31歳で家賃年収1750万円になった方法! 」( ごま書房新社 )が発売されました。



帯には吉川英一さんと、加藤ひろゆきさんに推薦文を頂きました。ありがたき幸せでございます<(_ _)>。少し長いですが、「 はじめに 」に書いた文章から抜粋して紹介させていただきます。


< はじめに --高卒製造業でも大家になれる時代-- >

私は富山の田舎に住む、31才のサラリーマンです。最終学歴は地元の工業高校卒業で、仕事は工場勤務。いわゆるブルーカラーと呼ばれる属性の人間です。

しかし、私には疲れた勤め人という顔の他に、「 不動産投資家 」というもう一つの顔があります。不動産投資を始めたのは7年前、24才のとき。現在は、アパート4棟と戸建を4戸所有しており、現在新築を進めている2つの物件を足すと、家賃年収は約1750万円となります。

不動産投資の世界は、ある意味、現実社会よりもフラットです。社会人になってからの通信簿は「 預金残高 」と、「 源泉徴収 」の金額と、「 勤続年数 」です。融資申し込み欄に「 学歴 」を記入する欄はありません。「 東大卒だから1億円貸してあげます 」ということにはなりません。

日本はモノづくりの国です。日夜生産活動を行っているこの国の原動力の方々が、豊かで幸せにならないなんておかしい・・・。厳しい言い方をすると、我々は「 無知 」であるがゆえに、自分の「 可能性 」と「 信用力 」に気が付いていないだけかもしれません。

私も「 しょせん自分なんて・・・ 」と思う時期が長らくありました。自分を振り返り、低学歴だし、工場勤務だし・・・とネガティブに考えることも可能です。

しかし、弱みは強みです! 低学歴→早くに社会に出た実績( 勤続年数 )。工場勤務→事務職より夜勤や手当で給料が多い( 夜勤の時は昼間が動ける )etc...。そんな風に考えれば、自分がすでにたくさんのものを手にしていることに気づけます。

世の中には変えられないものがたくさんありますが、自分の行動と、環境は変えていくことはできます。例えば、少しの行動力と勇気を持ち、不動産投資で成果を上げることで、人生を変えることはそう難しいことではありません。

十分なお金がない生活の連鎖、そのせいで親がイラついている家庭環境の連鎖を、自分の代で止めることもできます。お金のことで悩まない人生って、ステキですよ!

本書では、さまざまな環境や学歴( 大卒じゃなくても )からでも成功する方法はあること、具体的に「 高卒製造業の若者 」がどうやって経済的に豊かになったのかを、順を追って説明していきます。

この本を通じて、多くの仲間たちに勇気と、金銭的自由へのきっかけを与えられればうれしい限りです!


後半には、富山の若手大家さん6名からの寄稿があります( 協力してくれた皆さんに感謝! )。

@パワハラ社長の下で血尿を出しながらのサラリーマン生活 メルカリで自己資金を貯めたクレイジーマインドの持ち主「 ポールさん 」

A中古RC物件で死にかけるも、都会の投資家に売却してサバイブ! 数々の苦難を乗り越え夢を叶えた「 グッチー子沢山さん 」

B区分→中古アパート→新築アパートの王道で家賃年収2500万円 ふんどし王子のブログを3回読んだ「 PP大家さん 」

C得意のペンキ塗りを通じて不動産投資の知識を吸収 1年目の失敗を見事にリカバリーした「 ペンキ屋ペンちゃん 」

D戸建、アパートからシェアハウス、ホテルまで 大学卒業と同時に不動産投資家になった「 チャケウピーさん 」

Eギリギリの生活だけど、もう一人子供が欲しい! ふんどし王子と波乗りニーノさんとの出会いが人生を変えた「 やまとさん 」

みんな、低属性から不動産投資を始め、人生をガラリと変えています。そしてみんな、今はとっても楽しそうです。

特徴としては、低属性の定番であるボロ物件投資だけでなく、一棟物の売買をからめつつ、融資を使った新築に挑戦している仲間が多いことがあげられます。( 私もそうです )。

元手の少ない、普通のサラリーマンが不動産投資を始めるアイディアが満載でございます。ぜひ、手に取っていただければ幸いです!

それでは、次回またお会いしましょう!

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 大日本☆ふんどし王子さん(命名 加藤ひろゆきさん)

fundosi

高卒・製造業のサラリーマン大家
富山県在住、家族は妻と長男(3才)

ブログ:高卒・製造業が不動産投資でお金持ちになる方法!

☆不動産投資を始めたきっかけ等は大家列伝に詳しく載っています
大家列伝【前編】
大家列伝【後編】

■ 経歴

□1985年
富山県の兼業農家の5人兄弟の末っ子(双子)として誕生する

□2000年
『金持ち父さん・貧乏父さん』を読み、お金持ちになることを決意

□2003年
工業高校を卒業後、地元の大手自動車メーカー系列の会社に就職
交代勤務の現場で働きながら1カ月に10万円ずつ貯金する

□2008年
株・FXで300万円以上溶かす

□2009年
2世帯住宅を建てる
2500万円(利回り6.8%)

□2011年
6部屋の中古アパートを購入
1200万円(利回り21%)

□2012年
兄と法人を設立

高岡市区分購入(売却済)

□2013年
8部屋の中古アパートを購入(売却済)
2500万円(利回り18%)

富山駅前区分購入(売却済)

富山市内区分購入(売却済)

□2016年
ガレージハウスを購入
200万円(リフォーム後利回り18%)

廃墟購入
65万円(仲間の投資家がリフォームし4.5万円で賃貸予定、利益折半)

廃墟購入
50万円(仲間の投資家がリフォームし4万円で賃貸、利益折半)

1200万円で戸建てを新築する(利回り10.4%)

□2017年


1200万円の中古マンションを購入(利回り23%)

4100万円のアパートを新築する(利回り9.8%)

□2018年
6150万円のアパートを新築する(利回り10.2%)

2500万円で中古アパートを購入(利回り21%)

■著書


高卒製造業のワタシが31歳で家賃年収1750万円になった方法!

ページの
トップへ