• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

5,060アクセス

1本のロープにぶらさがる人生からの脱却。老後2000万円問題は「自分年金」で解決できる。

西野浩樹_画像 西野浩樹 第33話

2021/5/29 掲載

FIREして5年目に突入しました。振り返れば、新卒として就職した会社では最初、やる気に満ち溢れていました。ところが、10年経ったくらいからでしょうか? 思ったように給料は上がらず、いつの間にか働くことが苦痛に感じるようになりました。

「 何のために働いているのだろう 」と希望を持てずにいた2007年、不動産投資に出会い、新築アパートを建てました。初めて家賃が通帳に振り込まれたとき、「 これを繰り返せばいつかこの生活から抜け出せるのでは? 」と希望の光を見つけた気がしました。

■ 定年を選択できる時代

今の現役世代が将来、公的年金だけで暮らすことは厳しくなっています。方法は何でもいいのですが、自分で「 年金 」を作ることが出来なければ、いつまでも働き続ける未来がやってきます。

公的年金は60歳から70歳までの間で、受給を始める時期を決められます。65歳が起点になっており、65歳未満で受け取ることを「 繰り上げ受給 」、66歳以降で受け取ることを「 繰り下げ受給 」といいます。

いま、日本の企業はほとんどが60歳定年です。年金開始は65歳が基準のため、空白の5年間が生じてしまいます。自分の年金を作れなかった人は、その間を埋めるために、雇用を延長して嘱託職員としてあと5年間を会社で過ごす人が多いようです。

一方で、自分の年金が準備できた人は、家庭菜園をしたり、趣味に高じたりしながら、年金の受給を待ちます。しかし、その割合はあまり多くありません。

さて、年金の「 繰り上げ受給 」を選択した場合、受給額は支給月度を1カ月早めるごとに0.5%( 年間6% )下がります。60歳で受け取ると65歳から受け取る場合より30%の減額になります。損益分岐点は76歳で、77歳を過ぎると長生きすればするほど損が増える計算です。

反対に、年金の「 繰り下げ受給 」は支給を1カ月遅らせるごとに0.7%( 年間8.4% )上乗せされていきます。70歳から受け取り始めた場合、損益分岐点は81.9歳で、82歳を過ぎると長生きすればするほど得をします。

※2020年度の年金改正法により、2022年4月からは受給開始年齢の上限が75歳に引き上げられます。

現在の日本人の平均寿命は男性が81.41歳で女性が87.45歳です。自分が「 損益分岐点よりも長生きできる 」と思えば受給時期の繰り下げを選べば良いし、「 損益分岐点より長生きできない 」と思う人は繰り上げ受給を選べばと良いと思います。

赤井誠さんのように「 繰り上げ受給して得たお金を運用して増やせる 」という人は、繰り上げ受給もありだと思います。何れにしても自分の寿命をめぐる賭けのようなもので、どっちが得か損かは自分の人生の終わりの日が分からない以上結論はでません。

参照:年金は何歳からもらうのが最適なのかを考えてみた

正解は人それぞれですが、繰り上げ受給をした人は損益分岐点通過後は「 損をした 」と思いながら生きることになり、逆に繰り下げ受給した場合は、長生きするほど「 得をした 」と感じることになるので、精神衛生上は繰り下げ需給の方がいいような気がします。

■ アパートで自分年金を作る

僕の場合、自分年金はアパートで作りました。おかげで、60歳の定年よりずっと早い43歳でサラリーマンを卒業することができました。33歳の時に持っていた僕の資産は会社員として働いて必死に貯めた約1,000万円でした。

僕もそうでしたが、サラリーマンが投資を始めよう決めたときに、自分にある資産は、@お金、A労働力、B時間だと思います。その3つをなんとかやりくりして、自分年金を作っていくのです。

その結果、僕の仲間の「サンデー毎日倶楽部」のメンバーは、ほとんどがFIREしました。( ふんどし王子もポール「 サンデー毎日倶楽部 」のメンバーです )

早い人で4年、遅くとも10年くらいの期間があれば、誰でも不動産で資産形成して自分年金を作ることができます。自分年金を作ることができれば、いつでもFIREできる状態を作れます。もちろん、仕事が好きなら続けたっていいのです。そういう人も何人も知っています。

サラリーマンを約20年続けて1番楽しかったのは、不動産投資からの収入が給料を上回った状態でサラリーマンをしている時でした。給料がなくなっても生活に困らないと思うと、会社員につきものの「 我慢 」する場面が減るからです。

サラリーマンで給料しか収入の道がないというのは、自分と大切な家族の生活を会社の給与というロープ1本だけに頼っているのと同じです。上長と意見が違ってもそれを飲み込み、無理難題をこなし続けなければロープを太くしてもらえません。

しかし、ロープの数が増えると、給料というロープが細くなることを恐れる必要がなくなります。僕の周りのサラリーマン投資家でも、不動産収入が給料を上回ったことで、育児休業を取得したり、残業を断ったり、有給休暇を全部消化したりできるようになったという人がいます。

サービス残業も断り、上長に対しても間違っていると思えば、「 それは違うと思う 」と言えるようになったという話もよく聞きます。その結果、社長から一目置かれるようになったという人も少なくありません。

■ 1本のロープにぶら下がる人生から脱しよう

国が「 働き方改革 」の旗を振っても、多くのサラリーマンはそれまでと同じ働き方を続けています。なかなか働き方改革が進まない根幹には、「 収入のロープが1本しかない事 」があると思っています。

小さな金額で良いので、時間と労働力を使って得た給与から毎月貯金して、それをタネ銭に自分の資産を築くことをオススメします。不動産より株が向いている人もいるでしょうし、FXやアフリエイトや他のベンチャービジネスが向いている人もいるでしょう。

途中、失敗もあるかもしれませんが、今から行動することで5年後、10年後には大きな資産を構築できると思います。まずは毎月数万円でいいので、給料以外からの収入を作ってみることにフォーカスしてみてください。

不動産投資の始め方として安全なのは、地方で実勢売買価格の土地値から解体費を引いたくらいの金額の戸建てを購入し、直して賃貸利回り10%くらいを目指すというやり方です。水回りがリフォームされている物件を選ぶのがコツだと思います。

少し前に話題になった「 老後資金2,000万円問題 」は、貯金や退職金を中心とした資産を、定年後に取り崩しながら生活した場合、貯蓄が2,000万円不足するという問題です。

平均的な高齢夫婦の無職世帯において毎月5.5万円を取り崩さないと生活できないということです。逆に考えると、6万円程度の家賃を毎月作り出す不動産があれば問題ないとも言えます。

誰も住まなくなった実家があるなら、それを貸すことで、解決できる人もいそうです。SNS等で不動産投資の情報収集をするとすごい人が多くて焦りますが、金額もスピードも、自分のペースでいいと思います。

皆さんが定年の時期を自分の好きなように選べたり、自分年金を築くことで老後を活き活きと過ごせるようになったりできれば、僕も嬉しいです。頑張ってください。
 
■ 次回のニーノの部屋のお知らせ

今日も最後まで読んでいただき有難うございました。6月6日( 日 )は、ウェビナーでニーノの部屋を開催します。今回のゲストは、DIY大家のモーガンさんです。DIY好きな大家さんは是非、遊びに来てください。

詳細・お申し込みは下の画像をクリックしてくださいね。

プロフィール

■ 西野浩樹さん(波乗りニーノ)



不動産投資家、ファイナンシャルプランナー
滋賀県彦根市在住
妻と息子二人の4人家族

大家列伝⇒前後編
西野さんのblog
Facebook西野浩樹

■西野浩樹さんのプロフィール

□1973年
石川県金沢市に誕生

流通系会社で労働組合の書記長として、組合員たちの相談に乗る中で、お金の知識の必要性を感じ、ファイナンシャルプランナーの資格を取得

□2007年
社宅について調査する中で、富山市の土地値の安さと家賃の高さの歪みに気づき、富山市内で不動産投資をスタート
その後、新築を中心に物件を買い進める

□2017年
長年勤めた流通系の企業をセミリタイア

■所有物件

□2007年
富山市内にアパートを新築(7室)売却済み


□2008年
富山市内にアパートを新築(6室)


□2009年
富山市内に借家を新築(2棟)


□2010年
富山市内に借家を新築(2棟)


□2011年
中古戸建購入

□2014年
富山市内にアパートを新築(8室)


□2016年
彦根市内に中古アパート購入(8室)

□2017年
富山市内にアパ―トを新築(10室)


彦根市内に中古アパートを購入(8室)

彦根市内にアパートを新築(8室)


彦根市内に中古戸建購入

□2018年
彦根市内にアパートを新築(8室)





□2019年
アパートを2棟新築(10室×2)




□2020年
アパートを新築(12室)


□2021年
満室家賃年収約8,500万円、返済比率は45%

ページの
トップへ