• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

月35万円のCFで幸せに暮らす「いんべす」さんのお金より自由優先の生き方【後編】

不動産投資-大家列伝/いんべすさん_画像 不動産投資-大家列伝/いんべすさん 著者のプロフィールを見る

2021/6/11 掲載

前編に続き、セミリタイア生活を満喫中の いんべすさん にお話を伺います。地方で築古高利回り物件を中心に買い進め、セミリタイアを実現したお話や、キャッシュフロー35万円でも快適に暮らせる理由、今後の目標等について語っていただきました。

■ 生活コストが低ければ、セミリタイアは難しくない

華子

セミリタイアした当時の家賃年収とキャッシュフローはいくらでしたか?

いんべすさん

家賃は満室想定で約1,750万円、当時の稼働率から計算すると実際に入るのは1,650万円程でした。築古物件が多く、修繕費等が多くかかるので、そこも加味すると月のキャッシュフローは35万円程度です。

35万円という金額は他の人から見れば少ないかもしれませんが、我が家は妻と二人で生活コストが少ないのでこれで十分。また、賃料収入だけではなく、ブログからの収入やUber Eats、季節アルバイトでの労働収入も同時に得ているので、先細り感もありません。

私は怠けたくてセミリタイアをしたわけではなく、ブラックな組織を出たいという想いが動機でした。もともと運動も好きなので、何もしないというのは性に合いません。ただ、Uber Eat

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

■ いんべすさん

いんべすさん

不動産投資家
株式投資家(米国株ETF/投資信託)
妻と北海道札幌市在住
FP2級

Twitter:@inbesinbes


■ 主な経歴

□1989年
北海道生まれ

□2011年
地元の大学を卒業
就職先がブラックで入社早々、後悔する

セミリタイアを目指して給料の7割を投資(主に日本株)に回す
順調に資産が増える

□2015年
結婚

□2017年
資産の半分をアメリカ株に移す

11月
名古屋に築15年の木造アパートを購入
(5,700万円、表面利回り8.6%)

□2018年
12月
築30年の木造アパート8部屋を購入
(850万円、表面利回り32%)
(2棟目以降はすべて北海道)

□2019年
8月
3棟で3,800万円の物件を購入
築45年の戸建て
(表面利回り48%)
築32年の木造アパート8部屋
(表面利回り22%)
築20年の重量鉄骨アパート8部屋
(表面利回り14%)

12月
築45年木造戸建てを購入
(80万円、表面利回り40%)
築50年木造アパート5部屋を購入
(950万円、表面利回り29%)

□2021年
築45年の木造戸建て
(220万円、表面利回り34%)
築35年の木造アパート購入
(2,500万円、表面利回り15%)

アパート5棟37部屋2テナント+戸建3戸保有
家賃年収2,150万円、月のキャッシュフローは52万円


■ いんべすさんのベスト3

<好きなサウナ>

  1. 第1位:竜神の湯(沖縄)

    なんといっても、サウナ後の立ち湯が最高。
    沖縄の暑い気候の中、サウナで汗を流し、水風呂で体を清め、ととのった後に沖縄の青いオーシャンビューを眺めながらの立ち湯。
    地上の楽園とはここの事。

  2. 第2位:ニュー阿寒ホテル(北海道)

    程よい、サウナの広さと暑さ、更にセルフロウリュによる熱波を浴びるとかなり気持ちが良い。
    水風呂も広く、混雑することはない。
    ここのサウナの良いところは、なんと行ってもサウナー心がわかっていること。
    サウナ上がりに、真横にレモン水が置いてある細かい心配りも良い。
    さらに、半露天風呂に設置してある ととのい椅子 に座り、阿寒湖の絶景を眺めながら休むのは、まさに至福の時である。

  3. 第3位:ウェルビー栄(愛知県)

    サウナーの聖地と言っても過言ではない、ウェルビー栄。
    特に好きなのが、ロウリュの温度がかなり高く、冷凍庫の中のような場所に設置してある水風呂も最高である。
    ここの水風呂は下手すれば死ぬと思うほど冷たく、ここから上がった後の北欧を思わせる休憩スペースでゆったりと休むと、ととのうこと間違いなし。


(取材・執筆協力 アリ)

ページの
トップへ