• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

7,907アクセス

月35万円のCFで幸せに暮らす「いんべす」さんのお金より自由優先の生き方【後編】

不動産投資-大家列伝/いんべすさん_画像 不動産投資-大家列伝/いんべすさん

2021/6/11 掲載

前編に続き、セミリタイア生活を満喫中の いんべすさん にお話を伺います。地方で築古高利回り物件を中心に買い進め、セミリタイアを実現したお話や、キャッシュフロー35万円でも快適に暮らせる理由、今後の目標等について語っていただきました。

■ 生活コストが低ければ、セミリタイアは難しくない

華子

セミリタイアした当時の家賃年収とキャッシュフローはいくらでしたか?

いんべすさん

家賃は満室想定で約1,750万円、当時の稼働率から計算すると実際に入るのは1,650万円程でした。築古物件が多く、修繕費等が多くかかるので、そこも加味すると月のキャッシュフローは35万円程度です。

35万円という金額は他の人から見れば少ないかもしれませんが、我が家は妻と二人で生活コストが少ないのでこれで十分。また、賃料収入だけではなく、ブログからの収入やUber Eats、季節アルバイトでの労働収入も同時に得ているので、先細り感もありません。

私は怠けたくてセミリタイアをしたわけではなく、ブラックな組織を出たいという想いが動機でした。もともと運動も好きなので、何もしないというのは性に合いません。ただ、Uber Eatsは自転車だとお尻が痛くなるので、最近は車を使ってしまっています(笑)。


華子

現在の家賃年収とキャッシュフローはいくらですか?

いんべすさん

近々購入予定の2棟のアパートが稼働すれば家賃年収は2,150万円になり、キャッシュフローは52万円/月に増えます。借り入れを使うので融資残高も増えて、トータルで約1億円になります。

次に買うのは、初めての札幌市内のアパートです。知り合い経由で2,500万円、利回り15%のものを紹介されました。中古で融資額が伸びず、頭金が1,000万円必要ですが、資産価値が高く、将来的に土地としても売れそうなので買うことにしました。

華子

セミリタイアした今、どのような毎日をお過ごしですか?

いんべすさん

朝は妻の朝ご飯とお弁当を作って、その後はYouTubeやブログ、ラジオの原案を考えることが多いです。不動産の仕事が忙しい時はその準備や対応をして、昼になったらジムに3時間程行きます。夕方にスーパーで買い物をして、帰宅したら夕飯を作って奥さんの帰りを待つという生活です。

少し話が変わるんですが、近所に1,000円以上買い物をすると卵が1パック39円で買えるスーパーがあり、我が家の台所と呼んでいます(笑)。生活が厳しいために39円の卵を買っているというわけではなく、節約生活を楽しんでいる感じです。

華子

1ヶ月の食費や生活費はどのくらいですか?

いんべすさん

夫婦二人で食費が約3万円、家賃が5.5万円です。娯楽費等を含めても年間300万円はかかりません。二人とも倹約家で、生活費が低いことが早期にセミリタイアできた理由の一つだと思います。

妻とは学生時代からの付き合いですが、二人で出かけるようになって、「 あなたって本当によくお金を使う人だよね 」と言われました(笑)。世間一般から見れば倹約家だと思っていたのですが、妻から見たら浪費家ということになりますね(笑)

3号物件(小樽市)
3号物件( 小樽市 )

■ 4年前から始めた情報発信

華子

いんべすさんと言えば、ネット上での情報発信を積極的にされていますよね。

いんべすさん

はい、セミリタイアを目標に約4年前から「 いんべすの経済的自由人計画 」というブログを始め、最近では「 いんべすのセミリタイア生活 」というYouTubeを開設しました。ブログからは月に約5万円の収入があり、YouTubeでも収益化を目指しています。その他にstandFMでも情報発信をしています。

華子

最近までリベラルアーツ大学( 注釈:日本一自由なIT会社の社長( 兼、投資家 )の両@リベ大学長と有志のスタッフが運営しているWebコンテンツの総称 )の講師として活躍されていたそうですね。

いんべすさん

はい、約1年間務めさせていただきました。私の情報発信を見た方から講師に推薦していただき、リベラルアーツ大学にスカウトされました。

私はFP2級の資格を持っていて、株、家計改善、不動産投資の知識や経験があるので、リベラルアーツ大学のメンバーからの質問に幅広く答えていました。ただ、より専門性のある人材を求めているということで5月15日で講師を退任しました。

華子

実際にセミリタイアしてみて、理想と現実にギャップはありましたか?

いんべすさん

セミリタイア生活が始まったら、全く何もしないんかなと想像していましたが、実際は労働したり趣味を楽しんだりして怠ける時間がありません。

あと、趣味の旅行に出る予定だったんですが、コロナの影響であまり行けていません。それ以外は想像通りかな、という印象です。ブラック企業で働いている時は旅行するのにも社内決裁が必要でした(笑)。今は自由で最高の生活ですね。

4号物件(小樽市)
3号物件の隣にある4号物件( 小樽市 )

華子

これからのお金の面での目標はありますか?

いんべすさん

家賃年収1億円とか資産10億円など目指すこともなく、自分の心地良いところで拡大をストップさせたいと思っています。

ある研究では、年収800万円以上、資産1億円以上になるとそれ以上増えても幸福度が変わらないと言われているそうで、私もそこを目指しています。現在のペースでいけば、30代後半までには達成予定です。遅くとも40歳までには達成することが目標です。

拡大だけではなく、繰り上げ返済をしてローンを減らし、自己資本比率を高めながら、緩い感じで到達したいですね。

不動産投資に関しては、現在は単身向けの築古アパートが中心ですが、今後は安定的に人が住んでくれるファミリータイプの築浅や新築アパートも所有していきたいです。利回りが低くても、月のキャッシュフローを守りながら安定的に運用できる資産にシフトしていければなと考えています。

5号物件(小樽市)
5号物件( 小樽市 )

■ 自分の人生を主体的に生きる

華子

これからの人生の目標はありますか?

いんべすさん

自由に生きていくのが大前提です。妻と一緒に幸せに生きるのが目標です。私にとっての幸せとは、自由に生きられる状態にあること。誰かに何かを言われて自分の行動を決めるのでなく、自分の人生を主体的に進めていきたいですね。

華子

最後にセミリタイアを目指す人、読者の皆様へメッセージをお願いします。

いんべすさん

「 継続は力なり 」、この言葉に尽きると思います。セミリタイアしたい、FIREしたい気持ちを絶やさずに持ち、それに向けた行動を継続すればなんとかなります。

私の場合は生活支出が少ないので、収入の7〜8割を株式投資に回していました。それくらいの気概があればセミリタイアも早期に可能です。アドバイスとしては、幸福度が下がらない程度にぎりぎりまで生活費を下げ、余った分を投資に回すことが大事だと思います。

そのためにも、「 お金こそ価値がある 」「 高いものこそ価値がある 」という幻想に惑わされないことが重要です。幸福度はお金や高いものを買うことで一時的には満たされるかもしれませんが、長続きしません。

ちなみに私にとって、何よりも価値が高いのは「 自由な時間 」です。本当に自分にとって価値のあるものとは何なのか?それがわかれば、努力することや行動を続けることも楽しめるようになると思います。


華子の編集後記

過酷な労働環境から逃れるためにセミリタイアを目指し、継続的に投資活動を積み重ねていったお話は参考になるのではないでしょうか。自由な時間を何よりも大切にするいんべすさんの今後の情報発信、ご活躍を楽しみにしたいですね。ご覧いただきありがとうございました。

プロフィール

■ いんべすさん

いんべすさん

不動産投資家
株式投資家(米国株ETF/投資信託)
妻と北海道札幌市在住
FP2級

twitter@inbesinbes


■ 主な経歴

□1989年
北海道生まれ

□2011年
地元の大学を卒業
就職先がブラックで入社早々、後悔する

セミリタイアを目指して給料の7割を投資(主に日本株)に回す
順調に資産が増える

□2015年
結婚

□2017年
資産の半分をアメリカ株に移す

11月
名古屋に築15年の木造アパートを購入
(5,700万円、表面利回り8.6%)

□2018年
12月
築30年の木造アパート8部屋を購入
(850万円、表面利回り32%)
(2棟目以降はすべて北海道)

□2019年
8月
3棟で3,800万円の物件を購入
築45年の戸建て
(表面利回り48%)
築32年の木造アパート8部屋
(表面利回り22%)
築20年の重量鉄骨アパート8部屋
(表面利回り14%)

12月
築45年木造戸建てを購入
(80万円、表面利回り40%)
築50年木造アパート5部屋を購入
(950万円、表面利回り29%)

□2021年
築45年の木造戸建て
(220万円、表面利回り34%)
築35年の木造アパート購入
(2,500万円、表面利回り15%)

アパート5棟37部屋2テナント+戸建3戸保有
家賃年収2,150万円、月のキャッシュフローは52万円


■ いんべすさんのベスト3

<好きなサウナ>

  1. 竜神の湯(沖縄)

    なんといっても、サウナ後の立ち湯が最高。
    沖縄の暑い気候の中、サウナで汗を流し、水風呂で体を清め、ととのった後に沖縄の青いオーシャンビューを眺めながらの立ち湯。
    地上の楽園とはここの事。

  2. ニュー阿寒ホテル(北海道)

    程よい、サウナの広さと暑さ、更にセルフロウリュによる熱波を浴びるとかなり気持ちが良い。
    水風呂も広く、混雑することはない。
    ここのサウナの良いところは、なんと行ってもサウナー心がわかっていること。
    サウナ上がりに、真横にレモン水が置いてある細かい心配りも良い。
    さらに、半露天風呂に設置してある ととのい椅子 に座り、阿寒湖の絶景を眺めながら休むのは、まさに至福の時である。

  3. ウェルビー栄(愛知県)

    サウナーの聖地と言っても過言ではない、ウェルビー栄。
    特に好きなのが、ロウリュの温度がかなり高く、冷凍庫の中のような場所に設置してある水風呂も最高である。
    ここの水風呂は下手すれば死ぬと思うほど冷たく、ここから上がった後の北欧を思わせる休憩スペースでゆったりと休むと、ととのうこと間違いなし。


    (取材・執筆協力 アリ)

ページの
トップへ