• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

2棟目の失敗から学んだ入居付けのポイント。広告料UPより大切な管理会社との関係作り

大野靖弘さん_画像 大野靖弘さん 第15話 著者のプロフィールを見る

2022/2/17 掲載

皆さまこんにちは。今回は、私が不動産投資を始めたころ入居付けに苦戦した理由と、その後試行錯誤する中で自分なりにたどり着いた、入居付けのために大切なことをお話ししたいと思います。

■ 1棟目の間違った成功体験

私が1棟目のアパートを購入した際、恥ずかしながら「 物件を購入して大家になること 」が最大の目標でした。そして「 購入さえすれば何とかなる 」とも思っていました。

自分なりに運営しやすそうな物件を選び、購入前にシミュレーションの検討や数字上の計算もしていました。しかし、購入後の運営や空室対策への、具体的なプランは持っていませんでした。

ただ、幸運なことに1棟目の管理会社さんは、空室対策に力を入れている会社でした。管理スタッフの皆さんには、積極的にリフォーム案や家賃設定・募集条件を提案して頂けました。 勤め人で時間のなかった私は提案頂いた内容を確認して、GOサインを出すだけでした。

そして、築古で駐車場もなく、立地も決して良くない物件にもかかわらず、管理会社さんの提案通りにリフォームして募集開始したところ、購入時に8戸中3戸あった空室は3カ月で満室となりました。

これは本当

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

■ 大野靖弘さん

大野靖弘さん

不動産投資家
札幌市在住
家族は妻と何か可笑しい三人娘の5人家族

不動産を通じて「自分らしく生きる」をテーマに活動中
不動産と筋肉の懸け橋になる事が目標

SNS:リンク一覧
健美家コラム:失敗告白


■ 主な経歴

□1980年誕生

□1987年(7才)
母を亡くす

□2002年(23才)
大学卒業後、外資系ブランドに入社

□2004年(24才)
父を亡くす
「人はいつ死ぬか分からない。その時に絶対に後悔しない人生を送らなくては」と強く感じる。
未来に希望が見出せず、2度の転職を経験するも、会社や国に頼る人生ではいけないと悟る

□2010年(30才)
結婚し子供も生まれて幸せを感じながらも、娘に100円の焼き鳥を買うのに躊躇する自分に猛烈に違和感を抱く

加藤ひろゆきさんの書籍を読み、大家になることを決意

□2011年(31才)
1棟目のアパートを購入

□2012年(32才)
2棟目のアパートを購入
年末に火事になる

□2013年
U
築古や新築のアパートで資産を増やす
U
□2017年(37才)
会社を退職し専業大家へ。
ここから築古戸建てを高利回りで再生する手法に挑戦

□2019年(39才)
不動産賃貸業で社会貢献出来ると気付き拡大へ舵を切る
中古RCを3棟取得

□2021年(41才)
これまでに、新築・中古アパート、築古戸建て、区分マンション、中古RCマンションなど29棟122室購入。
そのうちいくつか売却し、現在は計91室を所有し満室時家賃年収は約5,700万円以上。

不動産への恩返しの思いから、これから始めたい方へ向け、セミナー・スクール・交流会の開催の他、ブログ・Youtube・ラジオなどによる情報発信も行っている

ページの
トップへ