• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

木材を利用した鋼管柱の耐火被覆工法「O・Mega Wood Xコラム」で90分耐火の大臣認定を取得【大林組】

企業告知/その他 ニュース

2024/04/21 配信

株式会社大林組は、木材を利用した鋼管柱の耐火被覆工法「O・Mega Wood X(オメガウッドエクス)コラム」を開発し、90分耐火構造(認定番号FP090CN-1010)の国土交通大臣認定を取得した。

「O・Mega Wood Xコラム」を適用した内観イメージ
「O・Mega Wood Xコラム」を適用した内観イメージ

1 開発の背景

2050年のカーボンニュートラル実現に向けて、CO2を固定化できる木造建築や、構造躯体・内外装に木材を使う木質化のニーズが高まっている。鉄骨造の耐火建築物において柱・梁を木質化するには、従来、鉄骨にロックウール吹付などの耐火被覆を施し、表面仕上げに木材を用いるが、この耐火被覆材を木材に置き換えていくことが可能となれば、木材利用のさらなる促進が期待できる。

そこで同社は、中高層建築で使用頻度の高い角形鋼管に、ヒノキやスギ(※1)のCLT・集成材を被覆し、その内側に強化石こうボードによる燃え止まり層(耐火層)を設けることで、木材使用量を増やしながら耐火構造を実現するO・Mega Wood Xコラムを開発した。今回、90分耐火の大臣認定を取得したことにより、建物の最上階から9層分の範囲で同工法を鋼管柱に適用できる。

2 工法の特

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ