• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

2021年の不動産投資を表す漢字、第1位は? 2位「騰」3位「耐」。昨年に比べ、明るい兆しを感じさせる回答が目立つ

調査(不動産投資)/ランキング ニュース

2021/12/13 配信

健美家では「今年の不動産投資を表す漢字」アンケートを実施した。今年は156件の応募があり、68文字が挙がり、12月1日に結果発表が行われた。不動産投資家にとって、今年はどんな1年だったのだろうか。

thumbnail_IMG_5426
「今年の不動産投資を表す漢字2021」結果発表の様子。写真は左から富沢ウメ男氏江古田島平八氏、火の玉ガールこと日野たまき氏

昨年を大きく上回る回答数!
第4位「明」、第5位「昇」など希望を示す漢字が目立つ

アンケート調査は2021年11月17〜24日にインターネット上で行い、健美家のメルマガやTwitter等で回答を呼びかけた。今年は昨年の107件を大きく上回る156件の回答が集まった。昨年は第1位「禍」、2,3位が「忍」「迷」、4位「滞」と、コロナ禍を象徴するような暗いイメージをもたらす感じが上位を占めていた。それに対して、今年は第4位「明」(5票)第5位の「昇」(4票)など、明るい兆しを感じらせる漢字が多くランクインしている。「明」を上げた理由には、「コロナでお先真っ暗だった世界に明るさが戻って来た。」(ゆでたまごむいたみ隊壱号さん)との声があった。

なお、結果発表は、健美家コラムでもお馴染み

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ