• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

13,857アクセス

30代不動産業の男がFC2サイトで配信したわいせつ映像。賃貸部屋を利用して犯した罪の詳細とは?

阿曽山大噴火さん_画像 阿曽山大噴火さん 第4話

2018/4/30 掲載

健美家編集部です。アパートの大家さんや入居者、不動産関係者たちが関わった事件を、紹介する予定でスタートした本連載。

当初は、入居者さん同士のトラブルなどを想定していたのですが、著者の阿曽山さんが実際に調べてみると、そういう事件の裁判に出会う機会ってそんなに多くないそうなんです。

そして、今月のコラムも、前回の大家さんによる盗聴・覗きに続いて、不動産業者が起こした「 公然わいせつ罪 」というまたもやハレンチな内容となってしまいました・・・。

私たち大家にとっては身近な存在である不動産会社の社員が、どんな罪を犯してしまったのか? 阿曽山大噴火さんの裁判コラムを、以下にご紹介します。( 注:文中の「 ×× 」は健美家の判断で伏字とさせていただきました )

■ 不動産業の男がFC2ライブ配信で流した画像

阿曽山大噴火です。ということで、今回は、3月20日に行われた渡邊慎也被告人の初公判の話を。罪名は、公然わいせつ。まずは、被告人が逮捕されたときのニュース記事を引用して、事件の説明を。

インターネットのライブ配信サイトを使って、わいせつな行為を配信したとして、警視庁は公然わいせつの疑いで会社員の渡邊慎也容疑者( 32 )ら男女4人を逮捕した。

警視庁によると、去年9月から11月にかけて渡邊容疑者の自宅に設置したチャットルームで、女3人が全裸でわいせつな行為をしている映像をライブ配信し、不特定多数に閲覧させた疑い。

渡邊容疑者はFC2ライブというサイトを使って有料で配信して、これまでにおよそ800万円を売り上げていた。調べに対し、渡邊容疑者は「 女の子に部屋を貸していただけ 」などと容疑を否認。女3人は「 間違いない 」と認めているという。

公然わいせつは街中で他人に裸を見せつけるという事件と相場は決まっていたのに、ネットを使って気軽にできる犯罪に変わってしまいましたね。これも時代の流れか。

で、初公判。

起訴されたのは、被告人が自宅でFC2ライブを利用し、女性の××や××行為をウェブカメラで撮影して、即時に配信したという内容で、女性別に3件。

そして、裁判官に事実と違うところを訊かれると、「 間違いありません 」と罪を認めていました。ニュースの段階では否認してたのに。

検察官の冒頭陳述によると、被告人は2015年6月にチャット会社の代理店経営をスタートさせ、FC2のアカウントを取得。面接でチャットレディを採用し、閲覧数に応じて換金可能なポイントを女性に渡していたらしい。

経営していた2015年6月〜2018年1月の2年半の間、1,679万円分のポイントをFC2から受け取り、被告人の取り分は919万円だったとのこと。

起訴されたのは3件だけど、実際には他にも多数配信してたってことですね。ネットで調べてみたら、似たような配信してる人はたくさんいるっぽいですしね。

法廷には被告人の後輩が出廷して、今後の監督を約束していました。冒頭に書いたように、仕事は不動産業で、被告人はこの後輩と一緒にやってるらしい。

そして、被告人質問。まずは弁護人から。

弁護人「 利益が919万円だと。経費は? 」

被告人「 このために借りてた部屋の家賃が15万円。光熱費や通信料も含めると、月20万円です 」

弁護人「 実際手元に残ったのは? 」

被告人「 月に10万円いくかどうかです 」

その程度だったようです。ニュースだと1,800万円って話だったのに。チャットでちょっと稼いだって感じでしょうか。

弁護人「 チャットはFC2だけ? 」

被告人「 いいえ。DMMやエンジェルチャット、ライブでGOGOも 」

弁護人「 裸になるのはFC2だけですか? 」

被告人「 はい 」

弁護人「 どのサイトでチャットやるかは誰が決めるんですか? 」

被告人「 女性が出勤していから、やりたいサイトを自分で選んでました 」

強制したりって話じゃなく、自主的に裸になるチャットを女性が選んでたというとこのようです。多分、金銭的に違いはあるんだろうけど、共犯者の意志で裸を配信していたと。

弁護人「 裸になるタイミングは指示した? 」

被告人「 1時間は無料なので、有料になってからと言ってました 」


イラスト:阿曽山大噴火

タダで脱いだら損だよってことでしょうか。この手のチャットの裏側を包み隠さず丸裸にして証言してくれます。

弁護人「 ちなみに有料閲覧の条件は? 」

被告人「 18歳以上です 」

お金を払った人で18歳以上ということで、不特定多数の誰でも見れたわけじゃないとアピールです。

弁護人「 あと、当初否認してた理由は? 」

被告人「 逮捕のとき、報道のカメラがたくさん来てたので、認めたという報道されたくなくて 」

なので、報道が落ち着いたのを弁護人に確認してから自白したんだってさ。これはマスコミへの皮肉も含んだ、報道対策ですね。自白に転じたことも、この初公判も報じたメディアは皆無ですから。

次は、検察官から。

検察官「 犯行時も不動産の仕事をして給料もらってたんでしょ? やめようとは? 」

被告人「 求人は止めてました 」

検察官「 いやいや、配信をやめなかったのは? 」

被告人「 女の子がいたからです 」

共犯者が辞めないから続けてしまったということのようです。この後、検察官が懲役4カ月を求刑して閉廷。そして、3月28日に判決が言い渡されました。

結果は、懲役4カ月執行猶予3年。そこまで重い罰ではないけど、今後この手の事件も逮捕していくという警察側の意図が見えてきますね。

< 編集後記 >
罪を犯して月10万円の収入なら、本業の不動産業をがんばったほうがいいのでは? この後、元の職場に戻るのか、まさか自分の知っている人ではないよな・・・。
様々な感想が浮かぶと思います。来月はどんな裁判レポートが届くのでしょうか? 一部のマニアの皆様、お楽しみに。

プロフィール

■ 阿曽山大噴火(あそざんだいふんか)さん

asozan

大川興業所属のお笑い芸人
裁判ウォッチャー
twitter @asozan_daifunka

■ 経歴

□1974年生まれ、山形県山形市出身

□千代田工科芸術専門学校卒業

□月曜日から金曜日朝10時〜夕方5時で、裁判所に通勤定期券で通う裁判傍聴のプロ。

□裁判ウォッチャーとして、テレビ、ラジオのレギュラーや雑誌、ウェブサイトでの連載を持つ。

□ファッションに独自のポリシー を持ち、男のスカート(メンズスカート)にこだわっている。

■ メディア

日本テレビ『エンタの神様』サブレギュラー

TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ』サブレギュラー

CBCラジオ『北野誠のズバリ』サブレギュラー

■ 著書


裁判大噴火(河出書房新社)


裁判狂時代―喜劇の法廷★傍聴記 (河出文庫)


被告人、前へ。―法廷で初めて話せることもある(河出書房新社)


B級裁判傍聴記(阿曽山大噴火・辛酸なめ子、創出版)


被告人、もう一歩前へ。(ゴマブックス)


裁判狂事件簿---驚異の法廷★傍聴記 (河出文庫)

ページの
トップへ