• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

5,392アクセス

クラックの補修ビフォー・アフター。地震保険を受給しても補修しないオーナーのリスク

山岡清利さん_画像 山岡清利さん 第111話

2020/7/2 掲載

私の所有するアパートの一つが、2018年9月に起きた北海道胆振東部地震で被害を受けました(T_T) 地震後は保険担当さんが事故申請してくれ、ずいぶん前に保険金を受け取ることができました。

しかし、業者さんが超多忙、私のお客様の物件最優先、冬は毎日氷点下になり基礎部のクラック補修工事ができないなどの理由で、ずっと後回しになっていたのです。それが、この春に無事補修工事が完了しました。

そんな自分の経験を交えつつ、今日は地震保険一部損認定個所の補修のお話をしたいと思います。

■ 地震保険のありがたさ

私の物件は胆振東部大震災の震源地から離れた札幌にあります。深夜に体感した揺れはまずまずで、「 あっ!珍しく強い地震だなぁ〜。あれ〜停電したなぁ。ムニャムニャ・・・ 」ぐらいの感覚でした( 笑 )

ところが後日、物件を確認すると、コンクリート基礎部にクラックが縦横無尽に走っており、地震のパワーに驚きました。すぐに保険担当さんに連絡をして、物件調査と事故申請をしてもらい、ほどなく一部損の認定を受けました。



被害は基礎にクラックが入った軽度なものです。軽度といっても、画像のようにヘアクラックがそこらじゅうに入った...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 山岡清利さん

山岡清利さん

ブログ:報告ネット業務日誌

  • 札幌がんばる大家の会会員
  • 北海道大家の会会員
  • ㈱満室研究所役員
  • J-RECメンバー
  • エクシードXメンバー
  • 全国大家ネットワーク北海道支部

■ 山岡さんの年表

東京でWEB製作運営会社を経営しながら北海道への移住を計画、移住後の収入源確保のために不動産投資の道に進む。

当初の計画では5棟購入し札幌へ移住する予定だったが、市場の変化で遠方からの管理が難しくなり2006年に会社を売却、2007年に札幌に移住する。

得意のDIY技術を生かしたバリューアップリフォームや仲介業者へのアピール方法などを研究し、激戦区で満室経営を続けている。

現在は大家業のかたわら、不動産管理状況巡回報告サービス業「報告ネット」の代表として、札幌に物件を持つ本州の大家さんたち等をサポートしている。


■ 山岡さんの所有物件

□2002年
札幌市西区 新築木造AP 6戸

□2003年
札幌市中央区 新築木造AP 8戸

□2004年
札幌市豊平区 中古区分 1戸

□2005年
札幌市西区 新築木造AP 8戸

□2006年
札幌市中央区 中古木造AP 8戸+テナント


■ 講演実績

  • 健美家アカデミーセミナー
  • さくら事務所エクシードXセミナー
  • J-REC北海道支部セミナー
  • 賃貸住宅フェア2012in札幌
  • 賃貸住宅フェア2013in東京
  • ファクターナイン・小野寺燃料セミナー
  • 札幌リスティング協会セミナー
  • 潮産業株式会社セミナー
  • 北央信用組合セミナー
  • 清陽通商株式会社セミナー
  • BUFFALO ITソリューションズセミナー
  • 日本不動産経営協会(ジャルマ)セミナー

ほか


■ メディア掲載歴

  • 北海道新聞
  • フジサンケイビジネスアイ
  • 住宅産業新聞
  • 全国賃貸住宅新聞
  • グローバルオーナーズ
  • 家主と地主
  • 常口アトム住宅新聞
  • BIG tomorrow
  • 財界さっぽろ
  • クオリティ
  • PocketClub
  • 北海道文化放送スーパーニュース
  • TV北海道けいざいナビ北海道

ほか


■ 著書

山岡清利さん著書

「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法

ページの
トップへ