• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

14,961アクセス

コンビニに近い物件を買うときの注意点

山岡清利さん_画像 第32話

健美家不動産投資コラム

■ コンビニならどこでもいい時代は終わった

コンビニが近くにあることが、賃貸物件の入居付けに有利であることはいうまでもないでしょう。しかし、最近の入居希望者さんは、それだけでは十分ではありません。

どういう意味かというと、「 コンビニはコンビニでも、○○じゃなきゃダメ! 」というように、コンビニをランク分けして、自分の好きなコンビニ以外は、ほとんど使わないという人も多いのです。

同じエリアに複数のコンビニが存在する中で、各コンビニが差別化を図るために、個性を打ち出してきた結果、消費者もコンビニをハッキリと選ぶ時代になったのですね。

というわけで、今日は北海道に物件を持つ大家さんなら絶対に知っておきたい、北の大地のコンビニ事情について紹介します。

■ 北海道で圧倒的な人気を誇るコンビニは?

ズバリ、北海道で最も人気が高いコンビニは、「 セイコーマート 」です。北海道を地盤とするコンビニチェーンで、北海道だけで1,000店舗以上が存在します。( 2013年8月末現在 )



なんと、北海道179市町村のうち、セイコーマートが存在しない自治体はわずか10市町村という網羅っぷり。ちなみにないのは、占冠村、比布町、初山別村、幌加内町、浦臼町、月形町、赤平市、神恵内村、真狩村、乙部町だそうです。

同社はセブンイレブンよりも3年早い1972年に1号店をオープンさせた日本のコンビニの元祖ともいえる存在で、店舗には自社農場で収穫した野菜や、自前の水産加工場で加工した魚などで作った惣菜が沢山取りそろえられています。

「 ホットシェフ 」という調理コーナーが設けられている店舗では、お弁当、揚げ物、惣菜、ジャンボおにぎり、さらには本格的なクロワッサンまで店舗で調理、即売されていて、高い人気を集めています。



また、少量の惣菜や麺類を100円で販売する「 100円惣菜 」も一人暮らしの消費者に喜ばれています。このように、取扱い品や販売価格をみても、コンビニというよりミニスーパーといった感じで、とってもお得に買い物ができる店なのです。


生鮮野菜も豊富


ミニ惣菜も豊富

セイコーマートは営業努力も半端ではありません。コンビニなのに毎週、新聞に折り込みチラシを入れたり、新聞購読非契約世帯向けには、ポスティングまで行ったりして、特価商品などをPRしています。



価格は周辺スーパーと同等で、物によってはそれよりも安い品もあります。夏場にはBBQ用の炭、ジンギスカン鍋、冬場には灯油を販売したりと、北海道の人々の生活に密着しているのも人気の秘密です。

こんなローカルなセイコーマートですが、日本版顧客満足度指数のコンビニエンスストア部門で、3年連続で満足度第1位を獲得しています。北海道のローカルコンビニが、大手コンビニを抑えて堂々の3連覇、これはスゴイことですよね。

■ 所有物件の近所にセイコーマートがあれば最強

そんな人気っぷりですから、北海道に物件を持つ上で、「 セイコーマートが近い!( 特にホットシェフつき ) 」ということは大きなアドバンテージになっています。

実は私自身も、北海道に住み始めてすぐに、セイコーマートのファンになりました。理由をちょっとまとめてみました。

☆最強コンビニ「 セイコーマート 」が選ばれる10の理由

1、ホットシェフで店内調理弁当総菜がある
2、クロワッサンも店内オーブン焼き
3、少量100円惣菜豊富
4、生鮮野菜・精肉なども販売
5、ほぼ全店舗でアルコールの取り扱い
6、多くの取扱い品が値引きされている
7、プライベートブランド品の充実
9、チラシの投函で新商品や特売品をお知らせ
10、ポイントカードでさらにお得に


誰だって、同じような家賃なら、こんなお得なコンビニが近くにある方を選びたくなりますよね。単身者に絶大なる人気を誇るのも頷けます。

今回は、北海道の人気コンビニを紹介しましたが、全国にはそれぞれの地域で人気のコンビニが存在すると思います。

人気のコンビニがある一方で、そうでないコンビニも存在します。不人気のコンビニは、競争に負けて撤退してしまう可能性もあるでしょう。

物件を新規に購入される際は、物件の付近に「 その地域で人気のコンビニ 」があるかどうかを調べてみることで、その物件の持つ本当の価値がわかるかもしれません。

次回もおたのしみに〜!

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

プロフィール

■ 山岡清利さん

山岡清利

ブログ:報告ネット業務日誌

■ 山岡さんの年表

東京でWEB製作運営会社を経営しながら北海道への移住を計画、移住後の収入源確保のために不動産投資の道に進む。

当初の計画では5棟購入し札幌へ移住する予定だったが、市場の変化で遠方からの管理が難しくなり2006年に会社を売却、2007年に札幌に移住する。

得意のDIY技術を生かしたバリューアップリフォームや仲介業者へのアピール方法などを研究し、激戦区で満室経営を続けている。

現在は大家業のかたわら、不動産管理状況巡回報告サービス業「報告ネット」の代表として、札幌に物件を持つ本州の大家さんたち等をサポートしている。

■ 山岡さんの所有物件

2002年
  札幌市西区 新築木造AP 6戸

2003年
  札幌市中央区 新築木造AP 8戸

2004年
  札幌市豊平区 中古区分 1戸

2005年
  札幌市西区 新築木造AP 8戸

2006年
  札幌市中央区 中古木造AP 8戸+テナント

・札幌がんばる大家の会会員
・北海道大家の会会員
・竃梹コ研究所役員
・J-REC メンバー
・エクシードXメンバー
・全国大家ネットワーク北海道支部

■ 講演実績

・健美家アカデミーセミナー
・さくら事務所エクシードXセミナー
・J-REC北海道支部セミナー
・賃貸住宅フェア2012in札幌
・賃貸住宅フェア2013in東京
・ファクターナイン・小野寺燃料セミナー
・札幌リスティング協会セミナー
・潮産業株式会社セミナー
・北央信用組合セミナー
・清陽通商株式会社セミナー
・BUFFALO ITソリューションズセミナー
・日本不動産経営協会(ジャルマ)セミナー

ほか

■ メディア掲載歴

・北海道新聞
・フジサンケイビジネスアイ
・住宅産業新聞
・全国賃貸住宅新聞
・グローバルオーナーズ
・家主と地主
・常口アトム住宅新聞
・BIG tomorrow
・財界さっぽろ
・クオリティ
・PocketClub
・北海道文化放送スーパーニュース
・TV北海道けいざいナビ北海道

ほか

■ 著書



「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法

ページの
トップへ