• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,656アクセス

【不動産投資本】「14人」の達人が教える不動産投資成功の秘訣

不動産投資本/書評 ニュース

2019/07/31 配信

今回紹介するのは、不動産会社クリスティと富士企画で代表を務める新川義忠氏の著書「14人の達人に学ぶ不動産投資 成功の秘訣」。

book不動産会社社長の本といえば、なんだかんだで「自社のPR」に集結することが多かった。ところが、本書は少し毛色が異なる。書面のほとんどは、著者である新川氏の言葉ではなく、新川氏と交流のある著名な不動産投資家たちへのインタビューで占められているのだ。

達人として登場するのは、沢孝史さん、松田淳さん、芦沢晃さん、中島亮さん、脇田雄太さん、山屋悟(ふんどし王子)さん、河上伸之輔さん、小嶌大介さん、舛添菜穂子さん(主婦大家なっち―)、岩崎えりさん、金子みきさん、菊地美佳さん、菅井敏之さん、太田垣章子さんという様々な実績を持つ14名。

不動産投資を始めた時期もバラバラなら、規模や手法もまったく違う。しかし、全員が不動産投資にかかわったことで、人生を好転させ、豊かに今を生きているという共通点がある。

そこには、「融資のひきかた」、「リフォームのノウハウ」、「空室対策の決め手」といったノウハウはない。その代わりに紹介されるのが、達人たちの「不動産投資を始めたきっかけ」、「一棟目を買うまでの経緯や迷い」、「成功するために求められた力」、「今のステージまで来られた理由」などだ。

■ベテラン投資家が後輩へ伝えたいこと

14人の達人は、「ベテラン大家さん」「話題の大家さん」「女性大家さん」「大家さんサポート」の4パターンに分けられている。その中でも特に注目したいのは、ベテラン大家さんの章。

・1998年に不動産投資を始めた沢孝史さんが、「今からはじめる人はむしろ有利だと思います」と語る理由はなぜ?

・セルフリフォームで知られる松田淳さんが、「これが一番簡単に勝つ方法。なんでみんな遠回りするのかわかりません」と述べたその方法とはなんなのか?

・現金で区分マンションを買い続けてきた芦沢晃さんが、「仕事は安易に辞めるべきではない」というその理由は?

・地方高利回り投資で知られる中島亮さんが、「試行錯誤の連続ではあったが、思ったほど大変ではなかった」と語った家賃年収1億円に到達するまでの道のりとは?

軽い語り口にも見えるその言葉の奥に、数々の成功への秘訣が詰まっている。雲の上の存在に見えるベテラン投資家たちも、最初は初心者だった。元手〇百万円で、現在の家賃年収は〇千万円等、達人たちのプロフィールや実績を眺めるだけでも、マインドを大いに刺激されるはずだ。

自分にとっての成功とは? どんな手法が自分に合っているのかわからない。この先、どこまで規模を拡大していこうか…。その迷いを解決するヒントが、本書を読むことで得られるかもしれない。

達人の中には著書を持つ人も多い。著者の言葉にピンと来たら、改めてその著者の本を手に取り、投資手法を学んでみるのもよさそうだ。

健美家編集部

――――――――――――――-

紹介した書籍を健美家会員の中から抽選で5名様にプレゼントいたします。ご希望の方は応募フォームよりご応募ください。

・2019年7月31日(水)〜2019年8月6日(火)の間、応募を受け付けます。

・応募は日本国内の方のみ(発送は国内のみ)とさせていただきます。

・ご応募はお一人様1回限りとさせていただきます。

・当選の発表は商品の発送をもって替えさせていただきます。 (商品の発送は8月中旬を予定しております)

※健美家のユーザ会員登録はコチラから

プレゼントの受付は終了しました

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ