• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

退去がでたら家賃は再査定! 入居率が上がれば、家賃も上げられる可能性がある

賃貸経営/空室対策 ニュース

2022/02/23 配信

管理会社より退去の連絡が入ると「家賃を下げる」か「同じ家賃」で再募集というのが、長引く「デフレ下での常識」であった。

賃貸住宅のメインターゲットである若年層が増え続け需要が上がるか、景気がよくなり賃金が上昇すれば、それに合わせて家賃が上がっても良さそうだが…いま日本を取り巻く環境は、決して楽観視できない。

特に、コロナ禍は賃貸市場にも大きく揺さぶりをかけている。

繁忙期に差し掛かり、ようやく今年は法人も動き出したと言った矢先に、オミクロン株による「まん防」となり、部屋探しをする来店者数は急激にストップがかかった。

■地域によって
大きく差が出た入居率

ある首都圏の中堅管理会社によれば、コロナ前に98%程度あった入居率は、現在は94%台と苦戦を強いられているようだ。

その理由の一つに、ここ10年くらいの間に増加してきた外国人入居者の新規契約数が、大幅に減少していることがあるようだ。年間を通じて全体の2割程度の契約を外国人が占めていたが、コロナによってその需要が大幅に絶たれてしまったという。

さらに、特に首都圏においてはテレワークの浸透で会社に出社する必要がなくなった。その結果、狭くて高い都心部に住む必

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ