健美家プレスリリース 2018年03月13日

【 投資マンション 利回りランキング:東京23区編 】
トップ2の葛飾区、足立区のみ7%台をキープ

不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家( けんびや ) 」を運営する健美家株式会社( 本社:東京都港区、代表取締役社長:倉内敬一 )では、同サイトに登録された新規物件を集計し、
「 東京23区 マンション投資利回りの平均 」の調査結果をまとめましたのでお知らせいたします。

【投資マンション利回りランキング:東京23区編】トップ2の葛飾区、足立区のみ7%台をキープ 本件に関する詳細なレポート( PDF:491KB ) をご確認いただけます。

健美家 不動産投資市場調査室


投資マンション利回りランキング:東京23区編


過去3年で足立区の利回りが3ポイント以上低下
東京23区を利回りの高い順にランキングした結果、2017年のトップは7.31%の葛飾区。次いで0.01ポイント差の足立区で、この2区までが7%台となった。
3年前の調査時と比べると、全体的に低下傾向にあるが、葛飾区( 10.13% )と足立区( 10.49% )はおよそ3ポイント下がっており、23区の中でも特に低下幅が大きい。

板橋区・荒川区も中心部並みの水準に
また、2014年は8%台だった板橋区と荒川区は、それぞれ板橋区( 2.45ポイント )、荒川区( 2.26ポイント )低下して5%台となり、23区中心部との差が縮まってきている。
このように、全体的に低下傾向にあるなか、比較的利回りの高かった外周区の北部と東部の低下が顕著に表れたのは、国の低金利政策による物件価格の高騰の影響のほかに、駅周辺の再開発や沿線の利便性向上が考えられる。

健美家( けんびや )は、収益物件の紹介、著名な不動産投資家によるコラム、全国の大家さんのブログ集、セミナー情報等、 「 不動産投資にかかわる多くの人たちに役立つ情報 」を提供している不動産投資の専門サイトです。