• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

千葉県「松戸駅」で新たな駅ビルの建設が進行中。さらなる利便性の向上と人口増加に期待

都市計画・再開発(地域情報)/横浜・川崎・千葉・埼玉/首都圏 ニュース

2021/10/18 配信

GvPvAfYojKtebab1634494477

2026年〜2027年の間に
事業完了予定

JR東日本と新京成電鉄は、千葉県にある松戸駅の改良工事を進めている。

改良工事の内容は、東西出口の拡幅工事や駅施設の改良などに加え、駅の南側に新たな駅ビルを建設するというものだ。

工事は2020年春から始まっており、2026年春までに駅内部の工事が完了、2027年春までに駅ビルの建設が完了する予定。

乗降客の通路整備がメインとなっている改良工事に加え、バリアフリー化に該当するホームエレベーターの新設工事が2020年3月に完了済だ。

また、駅内部の改良に加えて、西口では駅出口の広場に該当するデッキ部分のタイル張替えや、エレベーター・エスカレーターの新設など改良工事が進められている。

西口改良工事の完成イメージ
一部タイルの張替えや点字ブロックの整備などが、徐々に進められている。

※引用:松戸市

松戸に関する動きとしては、駅の改良以外にも鉄道の延伸計画が持ち上がったことがある。

2021年時点では押上が終点となっている東京メトロ半蔵門線について、押上から北側へ葛飾区を縦断し、松戸まで延伸するというものだ。

鉄道延伸計画図
半蔵門線に加えて有楽町線についても、豊洲から亀有まで延伸することが検討されていた。

※引用:松戸市

国土交通省は、東京オリンピックの開催を控えていた2016年に「東京圏における今後の都市鉄道のあり方に関する小委員会」という委員会を開いていた。

この委員会では東京のJR及び各私鉄について、路線の新設や延伸などについて協議されている。

委員会では20以上の路線や駅について協議されていたが、半蔵門線についても延伸の対象とされていた。

しかし、半蔵門線を運行している東京メトロは、自力で延伸工事を進める意思を示しておらず、2021年時点では計画について具体的な進捗がない。

路線の延伸に期待するよりは、実際に改良工事が進んでいる松戸駅周辺の活性化に期待する方が現実的と言える状況だ。

松戸駅は新京成線の中で
乗降客数が最多

駅の内外部でそれぞれ改良工事が進む松戸駅には、JR常磐線と新京成線が乗り入れている。

乗降客数を見ると、2020年度におけるJR松戸駅の乗降客数は約75,000人で、JR東日本の管轄では35番目だ。

他の駅と比較すると、津田沼・浦和・赤羽などとほぼ同数となっている。

一方で、新京成線の乗降客数を見ると、こちらは2020年度に約79,000人となっており、新京成線の中では最多だ。

JRと新京成線の乗降客数を合算すると約15万4,000人で、これはJR秋葉原駅(2020年度)の乗降客数とそれほど変わらない数字となる。

松戸市は東京都の葛飾区と隣接するエリアであり、住民には都内へ通勤・通学する人も多い。

L6W28pXrDGs0O6E1634497820
金曜16:30過ぎの松戸駅構内:人通りはかなり多い。

JR常磐線は東京メトロ千代田線へ乗り入れており、大手町や赤坂といったオフィス街へ乗り換えなしでアクセスできる。

そのほか、常磐線は上野・東京・品川にも乗り入れているため、松戸駅の交通利便性はかなり高い。

バス便についても、各種路線バスが松戸駅から発車するほか、羽田空港や木更津のアウトレットへ行ける高速バスを利用可能だ。

また、駅前にはイトーヨーカドーやその他商業ビルが立ち並んでおり、生活利便性もだいぶ高いと言えるだろう。

u0T4L1cftZKYoFB1634498019
駅直結のビルには居酒屋やカラオケなどが入っているところも多い。
lGQoqbDgC0vzGvs1634498006
イトーヨーカドーも駅から徒歩数分の距離にある。

駅の改良工事や新たな駅ビルの建設には、松戸駅および周辺の利便性をさらに向上させることが期待される。

さらに、松戸市では人口が堅調に増加しているため、賃貸住宅のニーズも拡大が見込めるだろう。

松戸市の人口推移
直近の約5年間は人口増加中だ。

※引用:松戸市

利便性の向上や人口増加など、不動産投資先としては明るい材料の多い松戸市に今後も要注目だ。

取材・文:秦創平(はたそうへい)

https://writing-portfolio.com/

■ 主な経歴

フリーランスライター。
不動産業界歴約12年を経て2019年からフリーランスのwebライターとして活動を開始。営業マン時代にはセミナー講師の経験も多数あり。
国内・海外を問わず不動産投資に関する記事が専門で、現在では毎月数十本単位の記事を執筆中。特にデータを用いた市場分析が得意で、海外マーケットに関するリサーチ記事の執筆も多数請け負っている。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ