• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

再開発に沸く札幌。今度はJR札幌駅・市営地下鉄大通駅近くで複合施設の建設がスタート!

都市計画・再開発(地域情報)/札幌/北海道 ニュース

2022/01/21 配信

再開発プロジェクトが目白押し
さらなる価値向上を目指す札幌

北海道の政治・経済・文化の中心地として知られる札幌市。人口は1920年の約10万人から一貫して増え続け、70年には全国で8番目の100万都市になり、現在も北海道の人口の約3割となる200万人弱が暮らしている。

空路を使うと全国の主要都市から1時間〜2時間半ほどでアクセスできる札幌市。2030年度には現在は新青森〜新函館北斗間を走る北海道新幹線が札幌まで延伸予定など、交通の便はますますよくなる見通し。
空路を使うと全国の主要都市から1時間〜2時間半ほどでアクセスできる札幌市。2030年度には現在は新青森〜新函館北斗間を走る北海道新幹線が札幌まで延伸予定など、交通の便はますますよくなる見通し。

そんな札幌では、複数の再開発事業が進行中だ。例えば、JR北海道は8年後の北海道新幹線延伸を控え、在来線高架橋の南側に新幹線用の高架を建設するなど、札幌駅周辺を整備する工事を今年度に始めることを発表している。

ビル開発も始め、駅周辺には商業、オフィス、ホテル、バスターミナルなどが入る地上46階、高さ250mの複合施設を開発するという。これに伴い、駅前の「札幌エスタ」は2023年夏に営業を終了する予定だ。

これだけではない。同市ではざっと挙げるだけでも以下の再開発プロジェクトや施設建設が進められている。

■2022年度に開業予定

相鉄フレッサイン(南5西2)
旧イケウチゲート(南1西2)
ヒューリック札幌NORTH33ビル(北3西3)

■2023年度に開業予定

札幌第一生命ビル(北3西4)
ニトリ美術館など(大通東2)
旧ススキノフィラ(南4西4)

■2024年度以降開業予定

札幌新駅ビル(北5西1・2)
ヒューリック札幌ビル(北3西3)
ほくほく札幌ビル(仮称)(大通西2)
ピヴォ(南2西4)
カレス医療センター(仮称)(北6東3)
道銀ビルディング(大通西4)

札幌中心部のアクセス至便の場所に
2棟の複合施設が2024年に完成

昨年11月には旧北海道放送本社跡地でNTT都市開発による新築工事が始まった。JR北海道駅から徒歩10分、札幌市営地下鉄大通駅から徒歩6分の北海道庁と大通公園に挟まれた場所に、2棟編成の複合施設が建つ予定で、竣工は2024年2月だ。

FireShot Capture 050 - (仮称)札幌北1西5(旧北海道放送本社跡地)計画における新築工事着工について│NTT都市開発 - www.nttud.co.jp

「(仮称)札幌北1西5(旧北海道放送本社跡地)計画」の開発地と外観パース。緑に囲まれた立地で都心部ならではの高い利便性を備えている。 ※出所:NTT都市開発ニュースリリース
「(仮称)札幌北1西5(旧北海道放送本社跡地)計画」の開発地と外観パース。緑に囲まれた立地で都心部ならではの高い利便性を備えている。
※出所:NTT都市開発ニュースリリース

建物は地上26階地下2階の北棟、7階建ての南棟の2棟編成で、延床面積は約6万916u。双方にオフィス(北棟3〜16階、南棟2〜7階)が入る。北棟低層部には店舗やアトリウム、テナント用のラウンジも備え、高層部には国際的なホテルチェーンを誘致して北海道の食文化を感じることができるレストランなども計画している。

南棟には札幌のインキュベーション拠点として、コワーキングスペースやスモールオフィス、人材が交流することができるイベントラウンジなども用意する方針だ。

加えて、ビル利用者アプリ、NTTグループのICTを活用したサポートも提供し、ビジネスパーソンの働き方・生産性向上も目指すという。

北棟1〜2階には地域住民や観光客も利用できる約1300uの屋内広場も提供し、飲食店なども出店。1階には大型ビジョンを備えた2層吹き抜けのアトリウム空間を備え、道内の観光情報やその他の最新情報を発信したり、パブリックビューイングなどのイベントも実施する。ビルで働く人たちだけではなく、広く地域に開放した場所を作ることで、まちの賑わいも演出したい考えだ。

注目したいのはBCPについて。最大72時間給電可能な非常用発電設備を導入する予定で、屋内広場の一部は100名を収容可能な一時避難所として活用する。カードキーなどと連動したエレベーター行先階指定システムを導入し、エントランスからエレベーター、テナント専有部までタッチレスで移動できるといった、感染症対策も講じるという。

このように、札幌の至る場所で複合施設の建設が加速していて、エリアの魅力はますます高まっていくに違いない。

こうした動きに伴い同市における賃貸需要は右肩上がりで、不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」の「住まいインデックス」によると、札幌市中央区近辺の賃貸マンションの賃料は直近3年間で2.83%上昇。他の区も同様に賃料水準は上がっていて、複数の不動産開発が後押ししていると推測できる。

札幌といえば北海道のみならず、全国的に見ても優良な不動産投資エリアのひとつとされるが、ますます拍車がかかるかもしれない。

健美家編集部(協力:大正谷成晴(おしょうだにしげはる))

健美家編集部(協力:大正谷成晴(おしょうだにしげはる))

■ 主な経歴

フリーランスの編集・ライター。
不動産投資、株式投資、投資信託、FXなどマネー関連、ビジネス全般、働き方、副業、クレジットカード、医療・介護など、幅広いジャンルで取材・執筆を行っている。

■ 主な著書

  • 『決定版 1万円からはじめるFX超入門』(かんき出版)

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ