• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

東京都「町田市」が大きく変わる。JR、京王、小田急、東急が乗り入れる便利な街が、2年後、大規模な再開発でさらに魅力的に

都市計画・再開発(地域情報)/東京 ニュース

2021/10/30 配信

3年前に「南町田グランベリーパーク」が誕生
まちの便利さと自然が共存したエリア

東京都の多摩地区にあり、島部を除くと最南端に位置する町田市。人口は約43万人と、東京都内では東京23区、八王子市に次ぐ規模を誇る。1960年代以降は都心のベッドタウンとして栄え、バブル経済期以降は、東京都区部から私立大学のキャンパス移転が進んだこともあり、ファミリーや若者が混在しているのも特徴だ。

南多摩地域や神奈川県県央地域の中心として知られる町田市。町田駅前は一大商業ゾーンで、東部の玉川学園前駅周辺は学園都市、北西部の多摩境駅周辺はロードサイド店舗が目立つ。
南多摩地域や神奈川県県央地域の中心として知られる町田市。町田駅前は一大商業ゾーンで、東部の玉川学園前駅周辺は学園都市、北西部の多摩境駅周辺はロードサイド店舗が目立つ。

JR東日本横浜線、京王線、小田急線、東急線と、複数の鉄道会社が乗り入れていて、JRと小田急線が乗り入れる町田駅は市内最大の繁華街。大手デパートやファッションビル、昔から地域を支えてきた商店街があり、日常生活に必要なものは一通りそろう。

交通の便は非常によく、町田駅から新宿駅や渋谷駅、横浜駅までは電車で約30分、1時間以内で湘南、箱根に行ける距離間も魅力的だ。都心だけではなく、海、山方面にもアクセスしやすい。かつ、市内の大部分は多摩丘陵にあるので里山の風景、緑が豊富な公園、地場産野菜を作る農地が多くあり、都心で働きながらも自然に囲まれ子育てをしたいファミリー層からの人気は高い。

そんな町田市ではここ数年、再開発の波が押し寄せていて、その一つがかつての南町田駅周辺だ。同駅前には2000年に屋外型のアウトレットモール「グランベリーモール」がオープン、当初は10年程度の暫定施設として計画・開発されたが10年以降も営業は継続した。

ただし、建物や設備の老朽化、近隣商業施設の開発が加速したことから、さらなる来客を目的に17年2月で施設を一時閉館することに。その後は、東急と町田市が協定を結び「南町田拠点創出プロジェクト」が始動し、旧グランベリーモールや隣接する鶴間公園、住宅や駅前広場などの一体的な開発を経て、19年11月には約230店舗や映画館などが入る「グランベリーパーク」がオープン。南町田駅は「南町田グランベリーパーク駅」に改称するとともに平日に急行電車が停車するなど、エリア全体の利便性が大幅に向上した。今年6月には施設東側の土地で東急主導による34階建てのタワーマンション「ドレッセタワー南町田グランベリーパーク」の建設が始まり、24年に完成する予定だ。

ショッピングゾーンの「グランベリーパーク」や「スヌーピーミュージアム」などのパークライフ・サイト、鶴間公園をはじめとするパークゾーンからなる、南町田グランベリーパーク。近隣だけではなく遠方からも多くの人が訪れる。
ショッピングゾーンの「グランベリーパーク」や「スヌーピーミュージアム」などのパークライフ・サイト、鶴間公園をはじめとするパークゾーンからなる、南町田グランベリーパーク。近隣だけではなく遠方からも多くの人が訪れる。

次なる再開発エリアは町田駅の南側
2024年に着工しまちの活性化を図る

一見すると魅力あふれる町田市だが、課題がないわけではない。とりわけ大きいのは人口減少で、2020年頃をピークに総人口は減少し、60年には約34万人になると推計されている。駅周辺の商業施設は老朽化が進んでいて、都市間競争が激化するなか町田市が選ばれ続けるには、エリアの活性化を促す必要がある。これを受け同市は16年7月に町田市中心市街地活性化協議会と共同で2030年度までのまちづくりを具体化した「町田市中心市街地まちづくり計画」を策定した。

ここでは将来のまちの姿を「“夢”かなうまち」として掲げ、「駅が快適・便利」「まちに行く目的がたくさんある」「まちの魅力が向上しゆっくり過ごせる多くの出会い・活動が生まれる」「ライフスタイルの選択肢がたくさんある」「通りが快適で歩いて楽しい」の6項目を目標として掲げるともに、それを実現するために10のプロジェクトを進めるとしている。

「町田市中心市街地まちづくり計画」の概要。「“夢”かなうまち」の実現に向けた6つの方針と、それに伴う10のプロジェクトを推進している。 出典:町田市中心市街地まちづくり計画
「町田市中心市街地まちづくり計画」の概要。「“夢”かなうまち」の実現に向けた6つの方針と、それに伴う10のプロジェクトを推進している。
出典:町田市中心市街地まちづくり計画

10のプロジェクトのひとつで、町田駅南側から多くの人にまちなかへ訪れてもらうため、交通環境の整備やまちなかのアクセス強化に取り組む「南の玄関口のまちづくり」を推進するため、17年には「JR町田駅南地区まちづくり整備方針」を策定した。

「JR町田駅南地区まちづくり整備方針」の対象エリア。約6万8100uを3つのゾーンに分けて整備する方針。 出典:JR町田駅南地区まちづくり整備方針
「JR町田駅南地区まちづくり整備方針」の対象エリア。約6万8100uを3つのゾーンに分けて整備する方針。
出典:JR町田駅南地区まちづくり整備方針

同方針では、駅南の約6万8100uをまちづくり対象地区としたうえで「複合拠点ゾーン」「複合居住ゾーン」「都市型居住ゾーン」の3つに分けて開発を進める。

具体的には交通ターミナル機能の集約や地域交流スペース、シェアオフィス、セミナールーム、キッズスペース、ホール、宿泊施設などの整備が想定されていて、将来の建替えにあわせて、駅前の様々な機能と自然が調和した快適な居住環境の維持・向上、防災性の高さなどにも留意する方針で、2024年度以降に着工するという。

このように、大きく変わろうとする町田市駅周辺だが、魅力あるまちづくりが功を奏してか、不動産市場は盛り上がりを見せている。不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」の「住まいインデックス」によると、直近3年間で標準的な中古マンション価格は10.57%、標準的な賃貸マンションの賃料は5.17%上昇した。

長期的には人口減少が予測されているが、ベッドタウンとして根強い人気があり、今後の再開発でエリア全体の発展も期待されるところ。ファミリー、単身者がともに住むまちなので、不動産投資の面でも魅力的かもしれない。

健美家編集部(協力:大正谷成晴)

健美家編集部(協力:大正谷成晴(おしょうだにしげはる))

■ 主な経歴

フリーランスの編集・ライター。
不動産投資、株式投資、投資信託、FXなどマネー関連、ビジネス全般、働き方、副業、クレジットカード、医療・介護など、幅広いジャンルで取材・執筆を行っている。

■ 主な著書

  • 『決定版 1万円からはじめるFX超入門』(かんき出版)

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ