• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,384アクセス

古家の解体後に必要な「建物滅失登記」を自分でやってみた!

西野浩樹_画像 西野浩樹 第31話

2021/3/21 掲載

皆さん、こんにちは! 波乗りニーノです。今回のコラムでは、第15話「 実験思考! まずは、自分でやってみる 」の続編として、「 建物滅失登記 」について紹介します。参考にしてみてください。

■ 簡単にできた建物滅失登記

建物滅失登記とは、建っている建物を解体した後に、法務局の登記簿にあった建物について「 無くなりましたよ 」と登記することです。今回、そのために僕が何をしたか、以下にまとめてみます。


ビフォーの状態

1、建物解体業者の選定

まずは、約40坪の木造平屋土壁の明治33年築の解体してくれる業者の選定からです。今回は3社から見積もりを取りました。A社は、250万円( 税抜き )、B社は、200万円( 税抜き )、C社も200万円( 税抜き )でした。

B社にするかC社にするか迷いましたが、紹介してくれた友達のK君が「 C社は仕事が丁寧だ 」と話していたのでC社に決めました。

解体工事の着工約1ヵ月前に、近隣住民宅と自治会長さんにあいさつに伺いました。その際、物件に設置していた自治会の掲示板の撤去と消火器消火栓ボックス及び街灯( 自治会の管轄 )の移動を依頼しました。

あいさつにいった時、お隣さん...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 西野浩樹さん(波乗りニーノ)



不動産投資家、ファイナンシャルプランナー
滋賀県彦根市在住
妻と息子二人の4人家族

大家列伝⇒前後編
西野さんのblog
Facebook西野浩樹

■西野浩樹さんのプロフィール

□1973年
石川県金沢市に誕生

流通系会社で労働組合の書記長として、組合員たちの相談に乗る中で、お金の知識の必要性を感じ、ファイナンシャルプランナーの資格を取得

□2007年
社宅について調査する中で、富山市の土地値の安さと家賃の高さの歪みに気づき、富山市内で不動産投資をスタート
その後、新築を中心に物件を買い進める

□2017年
長年勤めた流通系の企業をセミリタイア

■所有物件

□2007年
富山市内にアパートを新築(7室)売却済み


□2008年
富山市内にアパートを新築(6室)


□2009年
富山市内に借家を新築(2棟)


□2010年
富山市内に借家を新築(2棟)


□2011年
中古戸建購入

□2014年
富山市内にアパートを新築(8室)


□2016年
彦根市内に中古アパート購入(8室)

□2017年
富山市内にアパ―トを新築(10室)


彦根市内に中古アパートを購入(8室)

彦根市内にアパートを新築(8室)


彦根市内に中古戸建購入

□2018年
彦根市内にアパートを新築(8室)





□2019年
アパートを2棟新築(10室×2)




□2020年
アパートを新築(12室)


□2021年
満室家賃年収約8,500万円、返済比率は45%

ページの
トップへ